本日は、先日レギウスオオツヤクワガタの産卵割り出しを行いましたので、その様子をご紹介したいと思います。

まずはレギウスの紹介。

 

 

【飼育種】
和名 レギウスオオツヤクワガタ
学名 Mestopsu tarandus f.regius

 

レギウスオオツヤクワガタ。
オオツヤクワガタとは呼ばれていても、ツヤクワガタ種の仲間ではありません。

身体がピカピカとツヤがあるのでそう呼ばれているのでしょう。近種にはタランドゥスオオツヤクワガタがいます。

 

通常レギウスやタランドゥスを産卵させる時は、材は一般的な材ではなく、特殊材であるレイシ材カワラ材を使用します。

しかし、レイシ材やカワラ材はなかなか入手も難しく、かくいう弊社でも販売をしておりません。

しかし、その材が無くても、カワラ系菌糸にならも産んでくれるというありがたい性質も持ち合わせています。

いわゆる菌床産卵(菌糸ビン産です!

 

今回の産卵では、弊社でも販売しているしているカワラ菌糸ボトル「ナチュラ:N-1100」を使用して産卵セットを組んでみました。

 

今回はその時の様子をご紹介します。

 

<産卵セット方法>

 

【産卵に使用する菌糸】
ナチュラ:N-1100

【産卵に使用するオススメマット】
きのこマットくわマット完熟マット
※基本的に菌糸ボトルに産ませるので、特にはありませんが、万が一幼虫がボトルよりこぼれ落ちた時の為に発酵マットを用意しておくのが良いでしょう。

【産卵に使用するケース】
クリーンケースL

【産卵管理温度】
27℃前後

【セット方法】
ケース底面を深さ2割程度マットを敷き、そこに菌糸ボトルのフタを外した状態で横倒しにする。

 

 

画像で紹介すると、こんな感じになります。
(※画像の様子は割り出し直前の様子です)

 

カワラ菌糸ビン:ナチュラ(N-1100)をフタを外した状態でマットに横倒しにします。その際、菌糸ビンの穴がマットと接するようにして置くと、親♀がスムーズに入りやすくなりますのでお勧めです。

またレギウスを産卵させる場合、あくまで私のやり方ですが、管理温度は少し高め(27℃前後)に設定するようにしています。過去に何度がセットを試しましたが、この温度帯が一番安定して産卵してくれましたので、今はこの温度帯に合わせるようにしています。

 

このようなセット方法をして約1か月半程放置。

ナチュラ菌糸ボトルの様子を見てみると、

ボトルには♀が入り込んだ形跡が見えます!

 

よーくボトルを見てみると、

 

マット状になっている箇所に、3頭の幼虫(赤〇箇所)が見えます!

 

菌糸の箇所にも一頭!

 

こちらにも一頭!

 

こちらにも、もう一頭!!

沢山の幼虫を確認出来ました!!

どうやら産卵は成功したようです!!

 

一本のボトルでこれだけ幼虫を確認出来れば、親♀はもう産む場所が無いと判断するかもしれませんので、菌糸ボトルを交換することにします。

 

取り出した菌糸ボトル:ナチュラ

 

そしていよいよ、菌糸ボトルの中の幼虫の割り出しです!

 

菌糸ボトルの中の幼虫を取り出す方法ですが、勿論このまま慎重に菌糸ボトルをスプーンか何かで堀り下げていって回収しても良いとは思いますが、その際慎重にやらなければ幼虫をスプーンで潰してしまう可能性があります。

あくまで私のやり方ですが、私の場合、菌糸ボトルの肩口より下の部分にナイフで切り込みを入れ、ボトルごと切断します。

※ナイフで切断する際もその切断箇所に幼虫がいない事を確認しましょう※

 

こんな感じです。

こうすればボトルの肩口の狭い部分に邪魔されずに幼虫を回収しやすくなります。

 

少しづつ掘っていくと、幼虫が見えて来ました!

 

 

ここにも!!

 

元気なレギウスの幼虫です!

 

 

結果は、

幼虫 8頭!

 

結果、カワラボトル:ナチュラ1本から8頭の幼虫が出て来ました。

取り出した幼虫はナチュラブロックを崩して作ったプリンカップ(90cc)菌糸に入れてとりあえず管理。

 

如何でしたでしょうか?

約1ヶ月半の産卵セット。
カワラ菌糸ビン:ナチュラ1本で8頭の幼虫が取れました!

カワラ材やレイシ材ではなく、菌糸ビン産卵でも十分産んでくれることが分かりました!

これなら産卵セッティングもお手軽に出来ます。

まだ2本目のナチュラもセットしましたし、親♀もまだまだ元気ですので、更なる産卵を期待しましょう!

 

※ここでご紹介させて頂いた考え方や飼育方法はあくまで私Shiho個人のやり方&考え方であってそれを押し付けるものでは御座いません。あくまでもご参考程度にご覧頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。