皆さん、いつも感想ありがとうございます。
最近質問的なものが多いので本日も日記上で取り上げてみようと思います。

tadさん
初めまして、飼育担当のshihoです。
メガソマ系ですが産卵の時には「完熟マット」の方に軍配が上がりますが、
幼虫飼育では「きのこマット」の方がより大型になる傾向が出ているみたいです。
(ただし一概に絶対とはいい切れません)。

完熟マット」の場合、黒枯れの醗酵の進んだマットですので、幼虫に
対するあたりは優しいのですが、栄養価の面では菌床を醗酵させて作った
きのこマット」の方が高く育ちも良いです。

ただし何のカブトでも幼虫飼育は「きのこマット」が良いかと言うとそうでは
ないみたいです。落ちやすい種、ふかふかの腐葉土やフレーク状になった
腐葉土を好む種にはむしろ完熟マットの方が向いている傾向があります。

きのこマットが合う種の代表としては、メガソマ系、ディナテス系、カルコソマ系の
ような大型のカブトが挙げられます。
でもアブデルスのような小型カブトもきのこマットの方が大型になりました。
一概にはこうだと言い切れない部分もあるみたいです。(^^)

なかさん
いつもレスありがとうございます。
ふるいにかけて残った荒めのチップですが、私の場合はヘラ系や
ゾウカブト系等の3令時のエサとしてマットに混ぜて使用しております。
他の使用方法としては成虫管理のマットしても良いと思いますよ。(^^)