今日は珍しく国産もの、皆さんよく見慣れたミヤマクワガタの羽化報告です。

画像003 007

この種は以下の様な方法で羽化させました。

飼育種 ミヤマクワガタ(日本産)
体長 65mm
飼育したエサ 初令~2令時 完熟マット 2令後期~3令時 完熟マットきのこマットのブレンド
飼育容器 1100ccPPボトルの空ボトルを利用しました。
投入時期 初令
投入から羽化までかかった時間 13ヶ月
エサ交換回数 3回程度
設定温度 23~25℃前後

日本のクワガタの中でも人気の高いミヤマクワガタ。
今ちょうどシーズンですので、あちこちの山で見かけられます。
少し標高の高い山で採集が出来ます。

ミヤマ  

飼育の方は結構容易だと思います。
今回のミヤマもまず産卵は完熟マットで産卵させ、同じ完熟マットで飼育しました。
ただ2令後期~3令時はエサの栄養価を高める為、完熟マットきのこマットを2:1の割合でブレンドして飼育しました。
設定温度も23~25℃とミヤマにしては比較的高温で飼育したため、13ヶ月というほぼ1年1化型で羽化してしまいました。サイズも70mmいかなかったのも残念ですが、このサイクルからすると良い方だと思います。

それにしても立派な頭が特徴のミヤマクワガタ。とても格好よいですよね~。
今季の産卵セットは新発売の「黒土マット」で試してみます。(^^)