今回はカルコソマ属のアトラスオオカブトの飼育方法についてご紹介したいと思います。

夏になるとデパートやホームセンターでも気軽に見られるようになったアトラスオオカブト。この種は産卵&幼虫飼育共に非常に容易な種です。今回はアトラスオオカブトの中でも、一番多く見られるスマトラ島産のアトラスオオカブトをご紹介します。

 

アトラス
【個体参考画像:アトラスオオカブト♂】

【飼育種】
和名 アトラスオオカブト(スマトラ産)
学名 Chalcosoma atlas atlas

 

ではまずは幼虫飼育から見ていきましょう。

 

<幼虫飼育>

【お勧めのエサ】きのこマット、完熟マット
【使用した容器】1400cc~1800ccボトルの空容器
【えさ交換回数】途中2~3回程度程度
【設定管理温度】25℃前後
【羽化までにかかった時間】初令投入~合計約11~12ヶ月

幼虫飼育は容易な種です。1400~1800cc程度の容器にマットを入れて育てます。体が大きくなってくると糞が目立ってくるのでその際はエサ交 換をします。蛹室も横に作り、1400~1800cc容器程度の大きさならば問題なく無事羽化出来るでしょう。より余裕を持って飼育したい方はクリーンケースSあたりあれば十分でしょう。

 

<産卵セット方法>

【産卵セット内容】
【お勧めのマット】、黒土マット、完熟マット
【セット期間】 
・採卵の場合:2~3週間ごとに採卵
・自然放置の場合:開始~約2ヶ月半日間
【使用するケース】クリーンケースL程度
【設定温度】25℃前後。
【産卵セットの内容】ケースの7割程度をほんのり固く詰める。残り2割程度はふんわりと。
水分量:適量(握って水が染み出ない程度)

図示すると以下の様な感じになります。

zu-sanran-mat-200-63

 

産卵の方法には、採卵する方法と、自然放置の方法があります。私は主に採卵する方法を行っています。産卵セット開始してから2~3週間ごとに割り出して卵を回収する方法です。

【採卵した卵の管理方法】

img_20090113T173729468
上記のようにケースに穴をつくって卵を落とし込み、その上をマットで軽く覆います。あとは孵化を待つのみです。管理温度は25℃前後にして管理しています。有精卵ならば孵化率も悪くなく結構沢山の幼虫が取れます。

 

採卵しない場合は、セット開始して約1~2か月もすればケース側面や底面などに幼虫が見えてきます。沢山幼虫が見えてきたら回収しましょう。

また産卵セットを組んでいる期間中に♀が頻繁にマット上面に上がって来ていてなかなかマットに潜らない場合は、もしかすると既にマット中には卵を沢山産卵しており、もう産む場所がないので、仕方なく上がって来ているのかもしれません。

そういった場合は、産卵セットを別にもう一セット作って♀を再度産卵セットに移動させ、産卵をさせてやるなどして対応しましょう。

 

如何でしたでしょうか?外国産カブトの中で入門種としても最適なアトラスオオカブト。幼虫飼育も産卵も容易な種ですので、是非機会がありましたらチャレンジしてみて下さいませ。(^^)