2017年度、野外採集(昆虫採集)シリーズ。第25回目のご報告です。

今回の採集舞台は九州 宮崎県す。

今回の記事は、10/11の採集場面をまとめたものをご紹介したいと思います。

 

早いもので10月に突入しております。
ここ数日は夏が盛り返したような暑さで、ここ宮崎でも最高気温30℃を超える日が出ています。

この時期になるとめっきりと虫の数も少なくなるのですが、果たして今時期の山の様子はどうでしょうか?

 

採集地に行く前に見かけたこの時期の代表的な花:コスモス

今年も美しく咲き誇っております。この花を見ると10月というのを深く認識させられます。

 

 

採集ポイントに到着。

ここはハルニレとクヌギの群生があるポイント。

 

早速チェックしてみると、

ハルニレの木のかなり上の方にミヤマクワガタ♂の姿を発見!

カナブンとスズメバチも一緒に滲み出る樹液でお食事中です。

大きさはどうでしょう?なかなか立派な♂です。
♂65mm位はありそうでした。

採集はせずに観察のみとしました。

 

とりあえず樹液もまだ出ているようですし、クワガタもまだいるようで、一安心です。

 

 

クヌギの樹皮裏にクワガタの影が・・・。

確認した所、コクワガタ♂でした。
小型で♂30mm程のサイズ。

 

 

こちらの樹皮裏にもいました。

ヒラタクワガタ♂です。
体長は♂40mm程、小型です。

 

 

近くのハルニレの木を見ると、

めっちゃ沢山のオオスズメバチ

最近刺されて亡くなられた方がいるとニュースになっていたっけ。

この時期は性格が獰猛なので注意が要注意!

 

 

木を蹴り落ちて来たノコギリクワガタ♂
小歯型♂40㎜位でしょうか。

 

 

こちらも落ちて来たコクワガタ♂
♂40mm程。まずまずの型です。

 

 

ハルニレの樹液だまりにもまだいました。

ネブトクワガタの♂です。
凄く小さく15㎜以下位
顎も内歯の発達も無く小歯型。

 

このような感じで2時間程採集を楽しみました。

見かけた数は20頭程

 

大型個体は最初のミヤマクワガタのみでしたが、ミヤマ、ノコ、ヒラタ、コクワ、ネブトと、5種類のクワガタを見かけることが出来ました。

また数的にもこの時期にしてはまずまずの数を見かける事が出来ました。ここ最近の猛暑に反応してくれたのでしょうか?

 

もう10月の半ばですが、ここ宮崎ではまだこの時期になってもクワガタの姿を見かけることが出来ますので、もう少し野外採集を楽しみたいと思います。

また次回、どんな虫達に出逢えるか?

今から待ち遠しく楽しみです。(^^)

 

※この採集方法はあくまで私自身のやり方です。人によって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※ 採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)