アスタコイデスノコギリクワガタの羽化報告です。

 

 

【飼育種】
和名 アスタコイデスノコギリクワガタ
学名 Prosopocoilus astacoides

産地 ジャワ島
累代 WF1

 

【親情報】
♀32mm(ワイルド個体)

 

【羽化体長】
♂52mm

 

【使用したエサ】
きのこマット

途中交換回数1回

 

【飼育で使用した容器】
300㏄プリンカップ


【設定管理温度】

25℃前

【羽化までにかかった時間】
1令投入後、約6か月(合計7か月程度)

 

 

 

<羽化までの手順>

 

幼虫状態で回収(1令)

     

使用したエサはきのこマット
300㏄プリンカップで管理。

     

途中1回の交換(きのこマット使用)。

     

羽化  ♂52mm

 

上記、この流れで育てました。

 

特に難しい種ではありませんが、気を付けた点と言えば、

 

・管理温度(25℃前後をキープ)

・マットの乾燥

 

この点に気を付けて飼育しました。

 

無事に羽化してくれたとはいえ、このサイズはまだまだ小型。

菌糸やマット容量を多くすれば、もう少し大型が狙えたかもしれません。

 

 

とっても綺麗で美しいクワガタです。

是非機会がありましたら一度飼育してみては如何でしょうか?^^

 

※ここでご紹介させて頂いた考え方や飼育方法はあくまで私:Shiho個人のやり方&考え方であってそれを押し付けるものでは御座いません。あくまでもご参考程度にご覧頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。