今回は採集ネタを少しお休みして、飼育ネタ:マンディブラリスフタマタクワガタの羽化報告をご紹介します。

 

【マンディブラリス♂100.5㎜】

 

【飼育種】
和名 マンディブラリスフタマタクワガタ
学名 Hexarthrius mandibularis sumatranus

産地 スマトラ島

累代 WF1

 

【親情報】
ワイルド♀48mm

【羽化体長】
100.5mm

【使用したエサ】

EP-1100 1本~EP-1400 2本

(合計3本)

【設定管理温度】
20~23℃前後

【羽化までにかかった時間】
1令投入後、約13か月
(合計14か月程度)

 

 

<羽化までの手順>

 

幼虫状態で回収(1令)

       

使用したエサは1本目はEP-1100

【1本目EP-1100での幼虫の様子】

       

途中1回目の交換(EP-1400

       

途中2回目の交換(EP-1400

【交換2回目時計測:36g】

       

羽化  ♂100.5mm

 

上記、この流れで育てました。

 

 

今回は菌糸ビン3本を使用しました。

2本目(EP-1400)終了時に体重は36g。

それから3本目(EP-1400)をじっくり食いあげて何とか100㎜upにはなってくれましたが、ワイルド個体と比較ればまだまだ小さいです。

 

更に精進していきたいと思います。^^

 

※ここでご紹介させて頂いた考え方や飼育方法はあくまで私:Shiho個人のやり方&考え方であってそれを押し付けるものでは御座いません。あくまでもご参考程度にご覧頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。