ヘラクレス・ヘラクレスオオカブトの羽化報告です。

いつも幼虫飼育はきのこマットで行うのですが、今回は敢えて完熟マットのみで羽化させてみました。

ちなみに産卵に使用したマットも完熟マットのみです。

 

【飼育種】
和名 ヘラクレス ヘラクレス
学名 Dynastes hercules hercules

産地 グアドループ島
累代 CB

 

【親情報】
♂123mm
♀54mm

 

【羽化体長】
138.5mm

 

【使用したエサ】
完熟マット

途中交換回数4回
(Pクリアボトル1400㏄移行後)

 

【飼育で使用した容器】
初令~2令後期:プリンカップ860cc
3令時:Pクリアボトル1400㏄
蛹時期:人工蛹室


【設定管理温度】

初令~2令時:25~27℃前
3令時:23~25℃前後

 

【羽化までにかかった時間】
1令投入後、約13か月(合計14か月程度)

 

 

 

 

<羽化までの手順>

 

割り出しは卵状態。

     ↓

そこから孵化させ、最初の1~2令時はプリンカップ860㏄で管理。

使用したエサは完熟マット

     ↓

そして3令になったところで、Pクリアボトル1400㏄に移行。

     ↓

蛹化前直前までこのボトルでエサ交換を繰り返す。

     ↓

幼虫が蛹室を作り、前蛹状態になったら、

     ↓

人工蛹室に移行

     ↓

羽化 ♂138.5mm

 

上記、この流れで育てました。

 

 

特に難しい種ではありませんが、気を付けた点と言えば、

 

・エサ交換
(エサは絶やさずに)

・前蛹時、蛹室を作りタイミング
(人工蛹室に移行するタイミングを逃さずに)

 

この点に気を付けて飼育しました。

 

 

今回はきのこマットではなく、完熟マットのみでの飼育。

完熟マットのみでも体長は138㎜と小型ですが、十分にカッコいいヘラクレス。

羽化期間も14ヶ月と短めでしたので、管理も楽でした。

 

今回は完熟マットのみでの飼育での羽化体長をみるのが目的でしたが、完熟マットのみでも、血統と、もう少し低温飼育で管理すれば、もう少しは体長も伸びたかもしれません。

 

ともあれ無事に羽化してくれて何よりです^^

 

 

※ここでご紹介させて頂いた考え方や飼育方法はあくまで私:Shiho個人のやり方&考え方であってそれを押し付けるものでは御座いません。あくまでもご参考程度にご覧頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます