もうすぐ4月。 もうしばらくすると、本格...続きを読む

もうすぐ4月。 もうしばらくすると、本格的な野外採集(昆虫採集)のシーズンがやって来ます。 この時期になると、毎年何回も紹介しているのですが、そろそろ本格的な野...続きを読む

もうすぐ4月。

もうしばらくすると、本格的な野外採集(昆虫採集)のシーズンがやって来ます。

この時期になると、毎年何回も紹介しているのですが、そろそろ本格的な野外採集シーズン開始ということもあって、今年初めて採集に行く方達の為に、改めて採集で必要な道具や身なりなどをご紹介します。

※過去記事と同じ文面(一部補正&加筆あり)が重複しますので、既にそんなことはご承知だと思われるの方々が大多数だとは思いますが、ここはご勘弁して敢えてご紹介させて下さいませ。よろしくお願い致します。

 

 

昆虫を採集する時、皆さんはどうやって捕まえますか?

そのまま素手で捕まえるという方もいらっしゃるでしょう。それはそれで十分よいのですが、採集するにあたり、少しの道具を使うことでより捕まえやすく、かつ安全に採集することが出来ると考えます。

今回ご紹介するのはあくまで私個人:Shihoの使用している道具等です。勿論人によっては自分に合った様々な道具が存在すると思いますので、あくまでご参考程度に読んで頂ければ幸いです。

 

【服装・身なり】

まずは道具というより、身に着けるものからご紹介したいと思います。

 

【長袖シャツ、長ズボン】

これはもう常識ですよね。
自然の中には色々な虫がいます。

人間の体に害を及ぼす虫も沢山存在するわけです。最近特によく聞くのが「マダニ」です。勿論マダニ以外にも蚊やアブ、ヒル、ハチ、など沢山の虫が寄ってきます。

そして虫だけではありません。草むらや木に登ったりする際に、身体を傷つける野バラや葉っぱ、木切れなど沢山の危険なものがあります。

また画像の服は少し黒っぽい服ですが、可能ならば白色に近い服だとより良いと思います。黒っぽい服はハチに狙われやすいと聞きます。

こういったものから少しでも身体を守るために肌を表に出さないように装備して出かけましょう。

 

【帽子】

帽子、夏の山には必需品です。
夏はとても日差しが強くなります。最近は夏になるとよく熱中症で病院に運ばれる方が多数いらっしゃいますので、しっかりと帽子をかぶって対策をしましょう。

 

また帽子は日差し対策だけではなく、頭を防護してくるという役目ももっています。

攻撃性の強いスズメバチは黒い頭髪等を狙って襲ってくる傾向があるようですので、帽子は必需品です。

白系の帽子の方が攻撃されにくいと言われています。

 

【攻撃的な性格を持つスズメバチ】

 

 

【手袋】

手袋、これも必需品ですよね。
野外の草木は思ったより鋭くてすぐに手が切れてしまいます。

普通の軍手でも良いですが、この画像の手袋は手のひらの部分がゴムで覆われている頑丈なタイプです。これならば多少のものならば安心して掴むことが出来ます。

 

 

【長靴】

長 靴。草村には様々なものが潜んでいます。

 

その代表格が毒ヘビの「マムシ」です。

【2018年度に遭遇したマムシ】

 

近づいた覚えがなくても気づかずにそのテリトリーに入ってしまって攻撃を受け てしまう例は数えきれないほどあります。

そういった意味でも長靴は必需品です。
この画像の長靴はひざのすぐ下あたりまでくるタイプです。

でもいくら長靴を はいているとはいえ、注意は絶対必要です。襲われないことにこしたことはありませんからね。

 

 

【タオル】

タオル。
これは言われなくても皆さん身に着けていくと思います。

私は長めに折りたたんで首と服の回りに埋め込んで、首の隙間からの虫や草などの侵入を防ぎます。

勿論、汗も吸い取ってくれるので、これも必需品でしょう。

 

 

【採集道具】

次に私が日頃使っている採集道具をご紹介したいと思います。

 

【補虫網(径大)】

虫とり網です。よく100円ショップでも売られている大き目の網です。

こういう大きい網で捕獲する場合は、くっついている樹の下に網を受け皿のようにして置き、その上で網のへりで樹を揺すります。

そうすれば振動を感知した虫が落ちてきて下にある大きな網に入る・・・そういう採り方をすれば良いかと思います。

 

 

【補虫網(径小)】

上記網は私の手作り。4~5mの釣竿の先に幅15cm位のエビ取り用網をつけたもの。

小さなエビ取り網の方が、 枝が分かれている間にいた時などの隙間に入り込めやすいので便利。

なかり長く伸ばせることが出来ます。ルッキング採集の場合には必需品。

 

 

【懐中電灯(大)】

懐中電灯(大)です。
結構大き目の懐中電灯で、光の強さも強く、かなり遠くまで光が届きます。

暗い所で回りを照らしたり、灯火採集の際にとても重宝します。

 

 

【懐中電灯(小):ペンライトタイプ】

こ ちらも懐中電灯ですが、小さいペンライトタイプです。大きさは15cm程度。

このライトは主に樹のウロ(穴)の中を照らす時に使用します。

オオクワガタ、 ヒラタクワガタ、コクワガタ、スジクワガタ、ネブトクワガタなどのウロや樹皮裏などに潜むクワガタの発見に重宝します。

 

 

【掻き出し棒】

通称:掻き出し棒:これで樹のウロの中や樹皮裏を探ります。

ウロや樹皮裏などに潜むクワガタを発見する時には、これは絶対必需品!

 

 

【ラジオペンチ】

主 にウロの中にいるクワガタを採集する際に使用します。

先が真っすぐな物と、鍵状になっている物と2種類あるとより便利です。ウロの中のクワガタの顎を掴 み、これで引っ張りだす事ができます。

しかし結構力が入りすぎる場合がある為、引っ張る時はある程度の加減が必要。

必要以上に力を入れるとクワガタのアゴ などが折れてしまうのでご注意を。

 

 

【スコップ】

ハンドスコップ。
日中に樹の根本などに潜っているカブトムシなどを掘り起こして捕まえる時に使用します。

 

 

【脚立】

樹の高い所に登る時に使用します。

樹のウロが手の届かないような高い場所にあった時、そーっと脚立を立てて静かに上ってウロを見ます。

 

 

【採集ケース(ルアーケース)】

小さなマスに一頭づつ入れます。

入れられる数は限られていますが、個別に仕切られている為にお互いに噛み合うなどの喧嘩の心配はありません。

一頭一頭をきれいな状態で捕獲したい時には便利。

 

 

【採集ケース(虫カゴタイプ)】

まとめて大量に入れることが出来ますが、ルアーケースのように仕切りがない為、中で噛み合いや喧嘩が起こる可能性があります。

それでも大量に入れられるのは便利ですね。

 

 

【予防薬】

いくら完全防備をしているからといっても、やはり虫などに刺される場合があります。そんな時の為に私は以下のようなものを常備持っていくようにしております。

 

【虫よけスプレー、虫さされ薬】

虫よけスプレー(右2つ)、虫さされ薬(左)です。

ここ数年「マダニ」などで騒がれているように虫よけ対策は必要だと考えます。

右2つの虫よけスプレーはマダニ対策にも適応したものらしいです。強力タイプ。

そしてそれでも刺された場合には、左の虫刺され薬を・・・。持っていれば安心ですので、なるべく常備するように心がけましょう。

 

 

【目薬】

目薬。これ結構必需品です。
採 集に行くと、なぜか必ず小さいコバエみたいなものが顔の回りにまとわりついてきて、スキあらば目の中に入ろとするんです。

ナゼなのか理由は分かりません が、これがかなりやっかい。
何度目の中に入られて嫌な思いをしたことか・・・。

そういう時には目薬は必需品です。
目に入った虫を排除した後に消毒するよう なかんじで目薬をつけるようにしています。

 

 

【ポイズンリムーバー】

ポイズンリムーバー。
蜂や虫に刺された場合、毒を吸い出す機器です。

しかしこれがあれば、もう刺されても大丈夫というわけでは御座いません。

あくまで応急処置なので、刺された場合は病院に行った方が賢明でしょう。

特に「アナフィラキシーショック」にはご注意下さいませ。

 

 

 

 【水分&塩分補給】

 

野外採集に行くときには、必ず水分補給や塩分補給が必要になります。

日本の夏は 30℃をも軽く超える炎天下になります。野外採集はとても楽しく、夢中になり 気がつかないうちに水分や塩分がどんどん失われていきます。

それらが不足してくると熱中症などを引き起こす原因にもなりますので、注意が必要です。

こまめ な水分補給、塩分補給を心がけるようにしましょう。

 

【水分&塩分補給用】

私がよく持っていく補給用品です。
こまめな水分&塩分補給は絶対必要です。

 

 

如何でしたでしょうか?上記が私が採集に持っていく際の主な道具類です。

勿論、脚立などは持っていくことも大変なので、そこは個人のお好みで・・・。しっかりと安全対策をして、野外採集を楽しみましょう。

 

 

※上記採集用具はあくまでshiho個人のお勧めです。ご参考程度に読んで頂ければ幸いです。

 

※採集はマナーが大切です。採集する場所が私有地の場合は、 無断では無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。

使用したアイテム

2019年3月28日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

「クワガタ、カブトムシが採れる(集まる)...続きを読む

「クワガタ、カブトムシが採れる(集まる)木とは?」シリーズ。   今回は【コナラ】の木のご紹介をさせて頂きたいと思います。   ※日本全国に...続きを読む

「クワガタ、カブトムシが採れる(集まる)木とは?」シリーズ。

 

今回は【コナラ】の木のご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

※日本全国にはクワガタ、カブトムシが集まる木はかなり数多くあって、すべての木をご紹介するのは難しいです。また木の名称も私がご紹介するのは確実なものではないかもしれません。

木 は地域によって呼び方も変わったり、愛称などで呼ばれていることもよくあります。よって今回ご紹介する木の名称も、見る方によっては「えっ、その名前違う よ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、そこの所はご勘弁頂きながらご覧頂けますことをご了承くださいませ。m(_ _)m

 

では、私:shihoが採集しているフィールドで撮影した実際の木の画像などを元にご紹介してみたいと思います。

 

第3回目:【コナラ】の木のご紹介です。

 

【コナラ】

 


コナラの全体像

 

 


コナラの樹皮

 

 


コナラの葉

 

 


コナラの葉:表側

 

 


コナラの葉:裏側

 

 

<shiho 採集実績>

ミヤマクワガタ
ノコギリクワガタ
コクワガタ
スジクワガタ
アカアシクワガタ
カブトムシ
カナブン
アオカナブン

 

私の中ではハルニレ、クヌギの強力ツートップに次点に当たる木、コナラです。

コナラはあくまで私の感覚ですが、先に紹介したクヌギ、ハルニレと比べると、樹液的には若干ですが薄くさらっとした印象があります。でも時には下記画像のように樹液が噴出している所もあり、甘酸っぱい発酵臭がします。

クワガタムシ、カブトムシを引き付ける力は強力!木の穴(ウロ)で採れるというよりも、木の枝や幹についているといったような感じでしょうか。よってルッキング採集や蹴り採集がメインの採り方となります。

 

 


コナラの木の樹液に付く昆虫たち

 

 


コナラの樹液に来たノコギリクワガタ♂

 

 

またコナラは平地~比較的標高の高い場所でも幅広く見かけます。

2016年の群馬県での採集では念願の大型ミヤマクワガタも採集することが出来ました。

群馬県産ミヤマクワガタ♂72mm
(2016年採集個体)

 

群馬県産ノコギリクワガタ♂70mm
(2017年採集個体)

 

このような木を見つけた場合は、とりあえずチェックしてみて下さいませ。

 

 

如何でしたでしょうか?
今回、クワガタムシ、カブトムシが集まる木の紹介、【コナラ】の木をさせて頂きました。

勿論、この他にもクワガタムシ、カブトムシが集まる木はまだまだ沢山ございます。

それにつきましてはまた次回以降の飼育日記でご紹介させて頂きたいと思います。

 

この記事をご覧になっている皆様に一つ注意して欲しい事があります。

日 本全国、様々な場所において集まりやすい木はそれぞれ異なる事だと思います。

今回ご紹介したデータはあくまで私:shihoが実際に私が通うフィールドに て実際に採集して感じたものを元に書いていますので、このデータが必ずしも正論ではないことをご理解&ご了承下さいます様お願い申し上げます。

 

また確実な正式名称は只今勉強中です。
今回ご紹介した木も、もしかしたら正式な名前が間違っているかもしれません。

ただ<採集実績>がある木は間違いなく私が実際に採集したことのある種類の木ですので、この画像の様な木を皆さんのフィールドで探してみて下さいませ。

きっとそこには皆さんの大好きなクワガタムシ、カブトムシがいることだと思います。(^^)

 

※この方法はあくまで私(Shiho)自身の考え方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

※ 採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、 無断では無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2019年3月25日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[4],

ブックマーク・共有

本日 3/21、宮崎はとても暖かい日でし...続きを読む

本日 3/21、宮崎はとても暖かい日でした。 午前中雨が降った後で晴れ上がったせいもあり、午後から気温は25℃越えた場所もありました。 午後より雨も上がったので...続きを読む

本日 3/21、宮崎はとても暖かい日でした。

午前中雨が降った後で晴れ上がったせいもあり、午後から気温は25℃越えた場所もありました。

午後より雨も上がったので、その暑さに便乗してまたまたクワガタ探しに山に行ってみることにしました。

 

目的地に到着。

ここはハルニレの群生地。

だいぶ緑が増えてきて春らしさが漂ってきました。

 

辺りを散策します。

 

すると、

倒木にサルノコシカケが生えているのを発見。

 

そのすぐ近くに、

 

コクワガタ♂の死骸。

 

スジクワガタ♂の死骸。

を発見。

 

そこで倒木周辺の枝下や落ち葉下などを念入りにチェックしてみると、

 

 

一本の小さな朽ち木を発見。

 

念入りに見てみると、

 

 

ボコボコ穴が空いている隙間に黒い物体が多数!!

 

これはっ!!

 

 

間違いなくにクワガタですっ!!

羽の光沢から考えるに、コクワガタでしょう。

 

 

こっちには2頭のお尻が見えています。

羽中央の光沢からして、こちらもコクワガタ

おそらくでしょう。

 

 

こっちには比較的大型のコクワガタ♂の姿が!

 

 

拡大撮影してみると、

 

間違いなくコクワガタ♂大歯型の越冬個体です。

推定40㎜あるかどうかの大きさでしょうか。

 

 

この細い材に合計4頭のクワガタが集団で越冬していました。

まるでコクワガタの越冬マンション材のよう。

 

今年最初のクワガタとの出逢いでテンションも上がり、俄然やる気アップで、まだ他にもあるかもしれないと、周囲をくまなく探しましたが、見つかったのはこの材1本のみ。

 

 

まだ越冬中で活動前でしたので、敢えて取り出さずに元の場所の倒木の隙間に戻しておきました。

取り出さなかったので、推測にはなりますが、材の中で越冬していたのはおそらくコクワガタ4頭だと思います。

 

 

こうして2時間ほど採集を楽しみました。

今回は越冬個体とはいえ、今年初のクワガタ達の姿を見ることが出来て嬉しかったです。

 

時期的にももうすぐ4月なので、この個体達が越冬から覚めて活動を始める日もそう遠くないでしょうね。

また次回の採集が楽しみになりました^^

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2019年3月21日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[2],

ブックマーク・共有

先日よりご紹介している 「クワガタ、カブ...続きを読む

先日よりご紹介している 「クワガタ、カブトムシが採れる(集まる)木とは?」シリーズ。   今回は【ハルニレ】の木のご紹介をさせて頂きたいと思います。 ...続きを読む

先日よりご紹介している

「クワガタ、カブトムシが採れる(集まる)木とは?」シリーズ。

 

今回は【ハルニレ】の木のご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

※日本全国にはクワガタ、カブトムシが集まる木はかなり数多くあって、すべての木をご紹介するのは難しいです。また木の名称も私がご紹介するのは確実なものではないかもしれません。

木 は地域によって呼び方も変わったり、愛称などで呼ばれていることもよくあります。よって今回ご紹介する木の名称も、見る方によっては「えっ、その名前違う よ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、そこの所はご勘弁頂きながらご覧頂けますことをご了承くださいませ。m(_ _)m

 

では、私:shihoが採集しているフィールドで撮影した実際の木の画像などを元にご紹介してみたいと思います。

 

第2回目:【ハルニレ】の木のご紹介です。

 

【ハルニレ】

 


ハルニレの全体像:1

 

 


ハルニレの全体像:2

 

 


ハルニレの葉

 

 


ハルニレの葉:表側

 

 


ハルニレの葉:裏側

 

 


ハルニレの樹皮

 

 


樹液を流すハルニレの木

 

<shiho 採集実績>

オオクワガタ
ヒラタクワガタ
ミヤマクワガタ
ノコギリクワガタ
コクワガタ
スジクワガタ、
ネブトクワガタ
アカアシクワガタ
カブトムシ
カナブン
クロカナブン
アオカナブン
シロテンハナムグリ
シラホシハナムグリ

 

私の通うフィールドでは大活躍のハルニレの木。
クヌギの葉のようにツヤはなく、表面はザラザラとしている。

樹液も良く出てほどよく発酵し、様々なクワガタムシ、カブトムシを引きつけます。

自然に放置されたハルニレの木はとても大きく育ち、ボクトウガなどによって穿孔され続け、木の穴(ウロ)が出来ている事も少なくありません。

そこでは大型のヒラタクワガタや、時にはオオクワガタも入っていることもあります。

勿論木の穴(ウロ)だけではなく、枝先や樹皮裏、幹などにもクワガタムシやカブトムシが付きます。

 

ハルニレの樹液を舐めるミヤマクワガタ大型♂

 

 


ハルニレの木の枝先に付くノコギリクワガタの♂♀

 

 

ハルニレの枝分部分に集まるヒラタクワガタ♂♀

 

 


若いハルニレの木の幹に付く昆虫たち

 

 


ハルニレの樹皮裏に隠れるヒラタクワガタ♂

 

 


細いハルニレの樹液を舐めるカブトムシ

 

 


ハルニレの樹液酒場でハーレム化するヒラタクワガタ達

 

地域によってはハルニレはあまり見られない所もあるらしいですが、私にとってはクヌギの木よりもこちらのハルニレの木の方がエース格と言っても過言ではありません。

 

如何でしたでしょうか?
今回、クワガタムシ、カブトムシが集まる木の紹介、【ハルニレ】の木をさせて頂きました。

勿論、この他にもクワガタムシ、カブトムシが集まる木はまだまだ沢山ございます。

それにつきましてはまた次回以降の飼育日記でご紹介させて頂きたいと思います。

 

この記事をご覧になっている皆様に一つ注意して欲しい事があります。

日 本全国、様々な場所において集まりやすい木はそれぞれ異なる事だと思います。

今回ご紹介したデータはあくまで私:shihoが実際に私が通うフィールドに て実際に採集して感じたものを元に書いていますので、このデータが必ずしも正論ではないことをご理解&ご了承下さいます様お願い申し上げます。

 

また確実な正式名称は只今勉強中です。
今回ご紹介した木も、もしかしたら正式な名前が間違っているかもしれません。

ただ<採集実績>がある木は間違いなく私が実際に採集したことのある種類の木ですので、この画像の様な木を皆さんのフィールドで探してみて下さいませ。

きっとそこには皆さんの大好きなクワガタムシ、カブトムシがいることだと思います。(^^)

 

※この方法はあくまで私(Shiho)自身の考え方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※ 採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、 無断では無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2019年3月18日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

3月もすでに中旬。 朝晩は冷える日もあり...続きを読む

3月もすでに中旬。 朝晩は冷える日もありますが、日中晴れている時はだいぶ気温も上がるようになった宮崎です。 その暖かい日を狙って3月の野外フィールドを散策してき...続きを読む

3月もすでに中旬。

朝晩は冷える日もありますが、日中晴れている時はだいぶ気温も上がるようになった宮崎です。

その暖かい日を狙って3月の野外フィールドを散策してきました。

今回はその様子をご紹介したいと思います。

 

 

家を出る前に、

自宅庭の木蓮の花が満開でした!

この時期に咲く木蓮の花。

青い空に映えてとても綺麗です^^

 

 

では山に出発!

 

早朝のドライブを楽しみながら・・・

 

 

採集フィールドに到着。

 

まだ草木は茶色も残りますが、だんだんと緑も増えてきたように思います。

 

山の空気を楽しみながら散策を開始してみます。

 

すると、

 

草の上にナナホシテントウムシの姿を見つけました。

 

今年初めて見たテントウムシです。

もう活動を開始しているんですねー。

生き物の姿を発見したことで嬉しくなりました^^

 

 

その後も生き物の姿は、

 

黄色い蝶

 

 

バッタ

 

など、少数ですがちらほら見かけることが出来ました。

 

 

しかし、肝心のクワガタはというと・・・・

 

 

 

 

樹皮裏や木のウロをチェックしても、その姿は見つけられませんでした。

 

 

こうして約2時間ほど、3月のフィールド散策を満喫させて頂きました。

今回も残念ながらクワガタの姿はまだ発見することは出来ませんでしたが、テントウムシや蝶、バッタ等などは既に活動を始めており、確実に春到来の様子が見受けられます。

 

もうすくシーズン突入、早くクワガタ達の姿を拝見したいものですね^^

 

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2019年3月14日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

野外で昆虫を採集するには、どんな木に昆虫...続きを読む

野外で昆虫を採集するには、どんな木に昆虫が集まるかを知っていなければ、昆虫採集、特に樹液採集においては難しいと考えます。 今回から毎回連続ではございませんが、数...続きを読む

野外で昆虫を採集するには、どんな木に昆虫が集まるかを知っていなければ、昆虫採集、特に樹液採集においては難しいと考えます。

今回から毎回連続ではございませんが、数回に渡り、私が独自に感じた「クワガタ、カブトムシが集まる木(採れる木)」を毎回1~2種づつ紹介したいと思います。

※この記事(一部追加補足、修正あり)は毎年公開していますが、毎年初心者の方も沢山いらっしゃいますので、恐縮ですが、改めてご紹介させて頂きたいと思います。

 

【クワガタ、カブトムシが採れる(集まる)木】

 

では、私:shihoが採集しているフィールドで撮影した実際の木の画像などを元にご紹介してみたいと思います。

今回は第1回目:【クヌギ】の木のご紹介です。

 

 

★★クワガタ、カブトムシが集まる木★★

 

【クヌギ】

 


クヌギの全体像

 

 


クヌギの葉

 

 


クヌギの葉:表側

 

 


クヌギの葉:裏側

 

 


クヌギの樹皮

 

 

<shiho 採集実績>

オオクワガタ
ヒラタクワガタ
ミヤマクワガタ
ノコギリクワガタ
コクワガタ
スジクワガタ
ネブトクワガタ
カブトムシ
カナブン
クロカナブン
アオカナブン
シロテンハナムグリ
シラホシハナムグリ

 

クヌギ。

クワガタムシ、カブトムシが集まる木としては全国的に最も有名な木の一つではないでしょうか?

樹皮表面はゴツゴツとしていて、肉厚。樹液も濃厚で、発酵するとかなり強めの甘酸っぱい発酵した臭いがします。

この木が流す樹液は強烈で、遠くまでかなりの臭いがします。

 

 


クヌギの樹液。
発酵した甘酸っぱい強烈な臭い

 

 


同じくクヌギの樹液。
白っぽい所が樹液が煮詰まっている箇所

 

また台場クヌギと呼ばれるゴツゴツといびつな形をしたクヌギは、人の手で伐採~成長~伐採と繰り返した為、いびつな形になり、木の穴(ウロ)が出来ている事も多く、オオクワガタヒラタクワガタ等の格好の住処ともなっているようです。

 


台場クヌギではありませんが、クヌギのウロ(穴)

 

上記画像は人の手が加わって形成された台場クヌギではありませんが、クヌギのウロ(穴)。

中からはしっかりと樹液が出ています。

こいいう場所にウロ(穴)を好んで潜むオオクワガタやヒラタクワガタ、コクワガタが入っている場合が多いです。

 


クヌギの樹皮裏に集まる昆虫達

 

 


クヌギの樹液に集まる、
ノコギリクワガタ、カブトムシ

 

全国的にみても言わずと知れたクワガタ、カブトムシ採集の木のエース格、クヌギ。

まずはこの木を探してみると良いかもしれません。

 

如何でしたでしょうか?
今回、クワガタムシ、カブトムシが集まる木の紹介。
【クヌギ】の木をさせて頂きました。

勿論、この他にもクワガタムシ、カブトムシが集まる木はまだまだ沢山ございます。

それにつきましてはまた次回以降の飼育日記でご紹介させて頂きたいと思います。

 

この記事をご覧になっている皆様に一つ注意して欲しい事があります。

日 本全国、様々な場所において集まりやすい木はそれぞれ異なる事だと思います。

今回ご紹介したデータはあくまで私:shihoが実際に私が通うフィールドに て実際に採集して感じたものを元に書いていますので、このデータが必ずしも正論ではないことをご理解&ご了承下さいます様お願い申し上げます。

 

また確実な正式名称は只今勉強中です。
今回ご紹介した木も、もしかしたら正式な名前が間違っているかもしれません。

ただ<採集実績>がある木は間違いなく私が実際に採集したことのある種類の木ですので、この画像の様な木を皆さんのフィールドで探してみて下さいませ。

きっとそこには皆さんの大好きなクワガタムシ、カブトムシがいることだと思います。(^^)

 

※この方法はあくまで私(Shiho)自身の考え方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

※ 採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、 無断では無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2019年3月11日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

今回のテーマはペアリングのやり方について...続きを読む

今回のテーマはペアリングのやり方についてのご紹介です。   飼育下における交尾には、 「虫の意思に任せる方法」と、 「人が交尾を補助する方法」がありま...続きを読む

今回のテーマはペアリングのやり方についてのご紹介です。

 

飼育下における交尾には、

「虫の意思に任せる方法」と、

「人が交尾を補助する方法」があります。

 

この事をそれぞれ、

 

【同居ペアリング】

【ハンドペアリング】

 

と呼んでいます。

 

私もこの2つの方法を使い分けて行っています。

 

では一つづつご紹介してみたいと思います。

 

 

【同居ペアリング】

 

この方法は、なかなか交尾してくれない、交尾完了まで見届ける時間がない、などといったハンドペアリングが難しい種によく使います。

いわゆる「虫の意思に任せる方法」です。

 

 

【やり方】

交尾時期を迎えた熟成した親♂と親♀を、比較的狭い空間(一緒のケース)に一定期間入れておく。

 

【上記画像はギラファノコギリの同居ペアリングの様子です】

 

その後は親虫同士の意思に任せて交尾を期待します。

 

【メリット】

・基本放置なので、手間が要らない。

 

【デメリット】

・交尾の瞬間が直接見れないことが多いので、交尾成立を確認出来ない場合が多い。

・同居の為、相性が合わないと片親殺しが(主に♀)が発生する場合がある。

・交尾成立まで見守らなければならないため時間がかかる。

 

 

手間や時間がかかるハンドペアリングと比べて、とても楽ですが、交尾成立が見届けられない、同居内での♂♀の喧嘩が起こる可能性がある等のデメリットもあります。

 

勿論自然界ではハンドペアリングなどは行われないので、皆同居ペアリングのようなものですが、すぐにどこにでも逃げられる自然界と違い、飼育管理下ではケース管理の為逃げられず、最悪の場合♀殺しが発生することもよくあります。

 

それゆえ、私の場合はハンドペアリングが可能なものは全てハンドペアリングで交尾を行うようにし、ハンドペアリングが難しい種に関しては仕方なので同居交尾をさせるようにしています。

 

上手くタイミングが合えば、

このように交尾している瞬間を見届ける事も出来ます。

 

 

 

【ハンドペアリング】

 

ハンドペアリングは「人が交尾を補助する方法」です。

主に大型のカブト種でよく使いますが、クワガタでもニジイロやギラファ、オウゴンオニといった比較的体高のあるものに関しては上手くいく場合が多いです。

勿論体高が低いクワガタ(オオクワやヒラタなど)でもやり方次第では上手くいきます。

ハンドペアリングの魅力は確実に目の前で交尾成功を確認出来るというのが大きな強みです。

 

【やり方】

交尾時期を迎えた成熟した♀の上に後ろ側からそっと♂を乗せます。

 

 

背中の小循板部分からフェロモンが出ていると言われているので、あくまで私の場合ですが、♂の口ひげ辺り部分を♀の小循板の辺りに置くようにしています。

 

 

【例:ギラファノコギリでの口ひげ&小循板位置】

 

そうすると♂が♀のフェロモンを嗅いでやがて触覚をピクピク盛んに動かし始めたら交尾開始の兆しありと見ています。

 

しばらくすると交尾を開始します。

このタイプの交尾は一度交尾をしてしまうと時間的にも結構長く交尾をしてくれる場合が多いです。

 

 

上記画像がまさにハンドペアリング時成立の瞬間の様子です。

 

【メリット】

・交尾成立を確実に確認出来る。

・交尾が成功すれば短時間ですむ。
(※ただし交尾時間が長い個体の可能性もあり)

 

【デメリット】

・人の手で直接促すので手間が要る。

 

またクワガタにおいては♀の上に♂を乗せると、♂がなかなか♀を掴みにくいことがよくありますので、特に体高の低いクワガタ(ヒラタクワガタやオオクワガタ等)については後ろから乗せるのではなく、♂と♀をクロスに置くように接すると上手くいく場合が多いです。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、いわゆる♂と♀で十字の形をつくるようにです。

こちらはフェロモンを感知したあと、お尻同士を斜め「V」のような感じで合わせて交尾を始めることが多いです。

 

 

如何でしたでしょうか?

今回の日記ではペアリングのやり方、「同居ペアリング」「ハンドペアリング」についてご紹介しました。

 

こんな用語&やり方が分からない・・・。
等の皆様のお力に少しでもアドバイスになれば幸いです^^

 

※ここでご紹介させて頂いた考え方や飼育方法はあくまで私:Shiho個人のやり方&考え方であってそれを押し付けるものでは御座いません。あくまでもご参考程度にご覧頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

使用したアイテム

今年より飼育を初められたお客様の質問で、...続きを読む

今年より飼育を初められたお客様の質問で、 「ペアリング」 って何ですか? と聞かれました。   今回はそのことに関してご紹介してみたいと思います。 &...続きを読む

今年より飼育を初められたお客様の質問で、

「ペアリング」

って何ですか?

と聞かれました。

 

今回はそのことに関してご紹介してみたいと思います。

 

 

「ペアリング」

 

クワカブ飼育に慣れてしまった方達にとってはごく普通に聞かれる言葉ですよね。

 

あくまで私:Shihoが考えるクワガタ・カブトムシ等 飼育においての「ペアリング」とは、

 

「♂と♀のペアを意図的に交尾させること」

 

こういった意味合いになると考えます。

 

 

【実際のペアリング時の様子】

 

 

自然界では昆虫同士が本能によって適正時期に自ずと交尾するのがごく自然の流れですが、飼育管理下での単独飼育の場合、管理者がある程度の時期を見定めて交尾をさせてあげなければなりません。

その交尾をさせてあげる行動がペアリングです。

 

人間がご自身の考えで意図的に交尾させるわけですから、上手くいくこともあれば、なかなか難しい時も多々あります。

熟成のタイミングや♂♀の相性などは目に見えませんからね。

 

 

如何でしたでしょうか?

今回の日記ではペアリングとは何か?についてご紹介しました。

 

こんな用語が分からない・・・。
等の皆様のお力に少しでもアドバイスになれば幸いです^^

 

※ここでご紹介させて頂いた考え方や飼育方法はあくまで私:Shiho個人のやり方&考え方であってそれを押し付けるものでは御座いません。あくまでもご参考程度にご覧頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

使用したアイテム

今回もお客様からの質問があった件について...続きを読む

今回もお客様からの質問があった件についてご紹介してみたいと思います。   つい先日のお客様との電話での会話の中で、 「令数って何なのですか?」 という...続きを読む

今回もお客様からの質問があった件についてご紹介してみたいと思います。

 

つい先日のお客様との電話での会話の中で、

「令数って何なのですか?」

という質問がありました。

 

クワガタムシやカブトムシの幼虫を飼育している際に、よく幼虫の「令数(れいすう)」という言葉を耳にすることがあると思います。

 

実はこの質問はよくあります。
実際過去日記記事でも取り上げたこともありますが、初めてクワカブ飼育をする方にとっては意味的にも分からない方も多いと思います。

今日はこの幼虫の令数についてShiho的見解ではございますが、今一度ご紹介して見たいと思います。

 

※この記事内容は過去の飼育日記でもご紹介しております。初めて飼育されている方達もいらっしゃいますので改めてご紹介させて頂きました(一部訂正&追加分あり)。ご了承下さいませ※

 

令数(れいすう)

 

クワガタやカブトムシ等の幼虫を飼育する際に良く聞かれる言葉です。

クワガタやカブトムシの幼虫は、卵から孵化した後初めて幼虫になるわけですが、この幼虫の期間が3段階に分けられます。

幼虫は脱皮を繰り返し、その都度次の段階に入っていきます。

 

【クワガタ、カブトムシ成長の流れ】

 

卵→1令幼虫→2令幼虫→3令幼虫→蛹→成虫

 

 

【1令幼虫(初令幼虫)】

卵から孵化したての幼虫を1令幼虫、もしくは初令幼虫とも呼びます。
孵化したての幼虫はとても小さくほんの数ミリしかありません。
人間でいうならば赤ちゃんの段階です。扱いは慎重にしましょう。

 

 

【2令幼虫】

1令幼虫から最初の脱皮を行い、次のステージに上がった幼虫のことを言います。

この時期からエサを良く食べるようになります。良質のエサを豊富に与えましょう。

 

 

【3令幼虫(終令幼虫)】

2令幼虫から脱皮を行い次のステージに上がった幼虫のことを言います。

クワガタ、カブトムシの場合、脱皮するのは2回(2令、3令のステージに上がる時)です。

3令幼虫は令数で言えば最後の段階の幼虫ですので、それを取って終令幼虫という呼び方をする事もあります。

1令時、2令時より期間的にも最も長い間継続するのが3令幼虫です。来るべき蛹化~羽化に向かって最終的に身体を作っている大事な時期ですので、エサをしっかりと与えてストレスを与えない管理を心がけましょう。

 

 

 【1~3令幼虫の外見上の違い】

1令幼虫と2令幼虫、そして3令幼虫の外見上の違いですが、まず脱皮直後から頭の幅が全然違ってきます。

頭の幅、「頭幅(とうはば)」という言葉を私たちはよく使っています。

 IMGP8175

幼虫令数比較

【頭幅比較:右から、1令幼虫、2令幼虫、3令幼虫】

 

上記画像をご覧下さいませ。頭幅(頭の幅)の大きさが令数によって全く異なるのがお分かりいただけますでしょうか?

この頭幅はその令数が次のステージに上がるまで変わることがありません。
つまり脱皮直後の頭幅がそのままその令数時の頭幅ということになります。

 

勿論身体は(胴回りや長さ)は時間とともにエサを食し成長していきます。

 

 

IMGP8270

【1令幼虫と3令幼虫の身体の大きさの比較画像】

 

 上記画像のように1令幼虫と3令幼虫ではこんなにも差が出てしまう場合があります。

 

つまり頭幅は令数の最初の段階(脱皮直後)で決まりますが、体の大きさはそれ以降の成長具合によって決まるといった感じです。

どのステージでもしっかりとエサを与えてきちんと管理することによって、より大型の3令幼虫(終令幼虫)になり、それが大型の蛹~成虫につながっていきます。

 

如何でしたでしょうか?
上記がクワガタ、カブトムシの幼虫時の令数という意味とその時の詳細です。

こうやって段階を踏まえて大きくなる姿を見て行くのは飼育者にとってはとても楽しいものですよね。と同時に自然界の神秘的なものさえ感じさせられます。まさにクワガタ、カブトムシ飼育の醍醐味の一つですね。

 

※ここでご紹介させて頂いた考え方や飼育方法はあくまで私:Shiho個人のやり方&考え方であってそれを押し付けるものでは御座いません。あくまでもご参考程度にご覧頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

使用したアイテム

今回の日記は【未公開個体シリーズ】。 ご...続きを読む

今回の日記は【未公開個体シリーズ】。 ご紹介するのは、   「トカラノコギリクワガタ」   【トカラノコギリクワガタ 悪石島産♂70.5mm...続きを読む

今回の日記は【未公開個体シリーズ】。

ご紹介するのは、

 

「トカラノコギリクワガタ」

 

【トカラノコギリクワガタ 悪石島産♂70.5mm】

 

【種類】
和名 トカラノコギリクワガタ
学名 Prosopocoilus dossomilis elegans

産地 日本国 悪石島産
累代 CB

 

 

【羽化体長】
♂70.5mm

【使用したエサ】
E-1100×2本

途中交換回数1回

【設定管理温度】
約23~25℃前後

【羽化までにかかった時間】
1令投入後、約9か月(合計約10か月程度)

 

 

<羽化までの手順>

 

割り出しは幼虫状態(一令)。

     ↓

そのまま菌糸ビンE-1100に投入。

     ↓

途中(約4か月後位)に、同じE-1100に交換投入。

     ↓

菌糸ビン内部で蛹になる

     ↓

羽化 ♂70.5mm

 

上記、この流れで育てました。

 

 

特に難しい種ではありませんが、気を付けた点と言えば、

 

・エサ交換
(菌糸ビンの劣化には注意しました)

・温度管理
(恒温をキープ)

 

この点に気を付けて飼育しました。

 

飼育自体はとても容易な種。

マット、菌糸ビンどちらでも飼育が可能です。

今回は菌糸ビンE-1100×2本で羽化させました。

エサ食いは旺盛ではありませんが、菌糸ビンの劣化と、蛹化時期のタイミングも考えて途中1回は交換しました。

一年たたずに70mmUPが羽化してくれたので満足しております。

 

日本が誇る色虫的要素を併せ持つトカラノコギリクワガタ。
赤褐色の光沢のあるボディがとても美しいですよね~^^

ただワイルドでの採集は現在では禁止されているので、ご注意下さいませ。

幸い過去の累代飼育された個体達が現在も流通されているようですので、是非一度飼育してみては如何でしょうか?

 

※ここでご紹介させて頂いた考え方や飼育方法はあくまで私:Shiho個人のやり方&考え方であってそれを押し付けるものでは御座いません。あくまでもご参考程度にご覧頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

使用したアイテム

月夜野きのこ園
〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170/0278-20-2060
TSUKIYONO KINOKOEN All Rights Reserved.