カブトムシの幼虫を飼育しています最近幼虫がマットの上を歩き回ってるのですが

マットの上に出てくるのにはいくつか理由が考えられます。

・ケース内が酸欠になり苦しくなって上がってくる。
・エサが不足して上がってくる。
・幼虫個体そのものが弱って上がってくる。
・マット内の水分が不足して上がってくる。

上記のような感じです。
この中に当てはまるものがあるでしょうか?
マット交換の目安は基本的には糞が目立ってきたら交換しますが ダニや線虫、コバエなどがわいてマットが劣化した場合なども交換した方が良い場合があります。
通常に飼育していて、ケース内が適環境に保たれているのであれば、糞が目立ってきてからの交換のみで良いと思います。


月夜野きのこ園
〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170/0278-20-2060
TSUKIYONO KINOKOEN All Rights Reserved.