今はお盆真っ盛り。 皆様どうお過ごしです...続きを読む

今はお盆真っ盛り。 皆様どうお過ごしですか? ここ宮崎は台風が近づいているということもあってか、晴れていたら突然大雨が来たりとか何か変な天気です。 そのせいで山...続きを読む

今はお盆真っ盛り。
皆様どうお過ごしですか?

ここ宮崎は台風が近づいているということもあってか、晴れていたら突然大雨が来たりとか何か変な天気です。

そのせいで山に行こうと思っていてもなかなか行けないのが現状。もどかしい限りです。

 

地元のクワ友である中村氏より「少し前だけど、ミヤマの大型採れたよ~!」との報告があったのでレポートしてきました。

 

今回の採集人は2017/12/15の飼育部屋紹介やそれ以前も採集記事で何度か登場してくれている中村氏

 

ブリード歴は浅いものの、採集歴は達人クラス!!
今年も大型個体を沢山ゲットしているようです。

 

 

こんな深いジャングルもガンガン入ります!

 

 

少し前だそうですが、その時採れたミヤマが、こちら

体毛もまだ残っておりかなり綺麗な個体!

アゴがすらっと伸びたハンサムタイプ!

 

 

 

ミヤマクワガタ♂71.3mm

 

70mm越えの立派な大型個体です!!

 

中村氏おめでとうございます!^^

 

やはり他の方の採集の結果を聞くと、山に行きたくなりますね。

更なる出会いを求めて私もまた行っていたいと思います!^^

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

 

使用したアイテム

2018年8月14日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

時は少し前(8/上旬頃)の話になりますが...続きを読む

時は少し前(8/上旬頃)の話になりますが、別のポイントの様子が知りたくて少し遠出しました。 今回はその時の様子をご紹介したいと思います。   やって来...続きを読む

時は少し前(8/上旬頃)の話になりますが、別のポイントの様子が知りたくて少し遠出しました。

今回はその時の様子をご紹介したいと思います。

 

やって来たのはハルニレが主の混生地。

ハルニレの他にも、クヌギ、コナラ、ヤナギ、シラカシ、ヤシャブシ、アカメガシワ等、クワガタが集まる木が沢山混生している場所です。

 

 

さっそくチェックしていくと、

ノコギリクワガタが鈴なりに付いていました。

こちらからは見えませんが、この反対側にも、もう2頭♂と♀がくっ付いています。

合計5頭一緒にいますね。

 

 

 

カナブンも多数樹液に群れています。

 

 

周りの木をほんの少し揺らしただけで、

カブト♂が落ちて来ました。

 

と同時に、

 

カブト♀も一緒に、少し時間差で落ちて来ました。

 

 

 

この大きなハルニレの木からは、

 

 

 

ノコギリクワガタ♂66mm(後程計測)

 

 

 

コクワガタ♂42mm(後程計測)

 

 

 

ミヤマクワガタ♂55mm(後程計測)

 

他、3頭、合計6頭のクワガタシャワーを浴びました!

 

 

少し場所を移動してから、

 

 

ハルニレのウロをチェックすると、

小さなクワガタの姿が見えました!

 

実はこの時「コクワかヒラタの小型が入っているからまずは撮影しておこうか」と、軽い気持ちで先行撮影をしたのですが、

 

いざその個体を取り出して見ると、

 

えっ、これは!???

 

 

オッ、オオクワガタ!?

 

 

傷だらけのボディ。

しかし紛れもなき、

オオクワガタ♂!!

 

 

 

く~っ!!

小さい個体ですが、やっぱりオオクワガタは格好良いっ!!^^

 

 

 

帰宅後の測定で、

オオクワガタ♂57.3mm

を指しました!

 

本当に久しぶりのオオクワガタです。

勿論、他のクワガタ達も当然嬉しいのですが、私が通うフィールドでは、オオクワガタは一年に、いや長い時は数年に一頭出逢うかどうかの種。

やはり格別なものがあります。

 

過去にはいつもクヌギで採れるのですが、今回はハルニレ。

やはり宮崎ではかなり頼りになる木です。^^

 

この様な感じで採集を楽しみました!

今回の目玉は何といってもオオクワガタ
♀が採れれば是非ブリードしてみたいのですが、贅沢は言っていられません。

 

また次回の採集も楽しみになりました。^^

 

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2018年8月12日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[6],

ブックマーク・共有

今回の日記は、前回の続き。 佐賀の友人と...続きを読む

今回の日記は、前回の続き。 佐賀の友人との採集 2日目の様子をご紹介します。   今回も前回同様、採集数のデータを取ってみたいので、一旦採れた虫は全て...続きを読む

今回の日記は、前回の続き。

佐賀の友人との採集 2日目の様子をご紹介します。

 

今回も前回同様、採集数のデータを取ってみたいので、一旦採れた虫は全て回収する予定です。

採集ポイントもほぼ昨日と同じポイント。

この時期に前日採集して、どれ位個体数が回復するのかも確認してみたいので楽しみです。

 

では採集スタート!

 

採集2日目

 

この時期の一日での個体回復数も知りたいので、昨日と同じルートを回ってみます。

 

という訳で、最初は昨日と同じハルニレ&クヌギ混生地。

 

木をチェックして回ってみます。

 

 

早速ハルニレの木に、

カブトムシ1♂2♀(未測定)

 

夜行性のカブトムシですが、早朝はまだ活動も活発です。

 

 

スズメバチ達も活発に動いています。

秋になるとスズメバチも凶暴化してきますので、そろそろ注意が必要な時期です。

 

 

少し上のツタに隠れるようにヒラタクワガタの姿を発見。

 

 

ヒラタクワガタ♂50mm前半位(未計測)

 

傷一つない綺麗なヒラタクワガタです。

 

それとツタの陰に隠れて分かりませんでしたが、

 

特大のヒラタクワガタ♀がいました。

なんと、

ヒラタクワガタ♀41mm

 

画像では指で隠れていて分かりませんが、少し羽ズレあり。
しかし野外個体でこんなに大きな♀を見たのはもしかすると初めてかもしれません。

 

後程きちんとサイズ計測画像を撮り直そうと思っていたのですが、すっかり忘れてしまい計測画像がありませんが、紛れも無い40オーバーの♀でした。

♀の特大も嬉しいものです^^

 

 

他にも、

 

ミヤマクワガタ♂67mm(後程計測)

 

 

ノコギリクワガタ♂68mm(後程計測)

 

 

コクワガタ♂30mm半ば位(未計測)

 

 

ヒラタクワガタ♂60mm(後程計測)

このヒラタはクヌギの木にポツンと付いていました。

 

私が通うフィールドでは、ヒラタはウロや樹皮裏等の隠れる所に入っているだけでなく、意外に木に付いている事も多いんです。

実際、ここ最近の68mmや72mmもウロ外で採れましたし・・・。

 

 

前日ヒラタ♂66mmが採れたウロをチェックするkazuくん。

 

 

かなり念入りにチェックしますが、

 

ここは不発でした。残念。
こんな時もあります。。。

 

 

採集していると、時折木の周りで、

 

鳥に食べられたクワカブ達を見かける事がよくあります。

このカブトはまだ生きており手足もしっかり動いていました。

 

 

こちらは腹部が完全に食されていて既に死亡。

残酷なようですが、これも自然の定め。
鳥さんも生きるのに必死なのです。

 

 

採集連チャンというのにパワフルなkazuくんはというと、

 

ウロを見つけると、

素早くチェックするkazuくん。

まさにウロハンター的な勢い!
若いしパワーがあります!

 

 

見事にGET!!

 

 

こちらがGETした

ヒラタクワガタ♂58mm(後程計測)

良い個体です。

 

 

山ではクワガタ以外にも沢山の昆虫達に出逢えます。

オオセンチコガネ

 

 

ハンミョウ

 

等々。。

こういった昆虫達と出逢えるのも山の楽しみの醍醐味です。

 

 

このような感じで、今回も前日と同様の5時間程度採集を楽しみました。

 

今回(2018/8/8)に採集出来たのはこちら、

 

※一括撮影の為、一瞬だけ故意にまとめて撮影しています※

 

今日も沢山採れました。

合計154頭を採集することが出来ました。

 

今回はお気に入りの10頭のみをキープして、その他は場所を分けて残全てリリースしました。

 

 

さて、今日(8/8)のデータをご紹介すると、

 

【2018/8/8 採集個体内訳】

ミヤマクワガタ 18頭
ノコギリクワガタ39頭
ヒラタクワガタ19頭
コクワガタ 31頭
カブトムシ53 頭

 

合計154頭

 

このような結果でした。

 

 

2日間連続の採集でしたが、

2日間のデータをまとめると、

 

2018/8/7:162頭

2018/8/8:154頭

2日間合計:316頭

 

という結果になりました。

前日と同じ位の時間帯、同じ位の時間、同じポイントで採集してこの結果。

わずか一日で前日と同じくらい採れるとは、この時期にしては驚きです。

 

今日は特大個体(♂70mm以上)の個体に出逢うことは出来ませんでしたが、とっても楽しい採集でした。

改めて良い場所に通わせてもらっているんだなぁ、と山の神様に深く感謝しました。

 

 

佐賀の友人kazuくんとの宮崎採集はこれにて終了。

kazuくんはトリプル70mmUP(ミヤマ、ノコ、ヒラタ3種で♂70UP)が目標だったのですが、ヒラタのみ制覇という形で締めくくりました。

それでも満足して頂けたようで、こちらとしても良かったです。

 

kazuくん、一緒に採集して頂きありがとうございました。

またご一緒しましょう!お疲れ様でした!^^

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

 

使用したアイテム

2018年8月10日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[3],

ブックマーク・共有

先日の8/7、佐賀県に住む友人が宮崎にや...続きを読む

先日の8/7、佐賀県に住む友人が宮崎にやって来ました。   先月7/30の日記でも登場してくれた佐賀の友人:kazuくん。   前回訪れた際...続きを読む

先日の8/7、佐賀県に住む友人が宮崎にやって来ました。

 

先月7/30の日記でも登場してくれた佐賀の友人:kazuくん

 

前回訪れた際、宮崎での採集を気に入り、わずか一週間も経たない内に再来県!

若干23歳のパワー溢れる採集人です。

 

このkazuくんと2日に渡り採集をすることになりましたので、今回はその時の採集の様子をご紹介してみたいと思います。

 

それと今回はもう一つ目的があります。

クワガタの最盛期も若干過ぎた感じのあるこの時期でどれ位クワカブを見つけることが出来るのか?

今回は一応採集出来る全ての虫を一旦採集し、採集数を計測してみたいと思います。

その後、気に入った個体のみを選抜して他はリリースします。

 

では、採集開始です!

 

採集1日目

 

まず最初にやって来たのは、ハルニレ&クヌギ林。

 

 

カブトムシ中型♂と、ヒラタクワガタ小型♂を発見!

 

回収後、この木を叩いてみると、

 

ミヤマクワガタ♂60mm前半程(未計測)

 

 

ノコギリクワガタ♂65mm(後程計測)

 

の2頭が落ちて来ました。

 

 

ハルニレのウロに何かを見つけたkazuくん。

掻き出し棒で挑みます!

 

約30分程の格闘の末、

取り出したのは、

ナイス!!

大型のヒラタクワガタ♂です!!

 

 

汗だくの格闘の末、勝利した満面の笑顔!!

 

 

後程の計測で、

ヒラタクワガタ♂66.2mmを指しました。

 

最近では♂65mm以上の個体はなかなか見かけません。

お見事、kazuくんの粘り勝ちでした!^^

 

その後も、

 

ノコギリクワガタ♂63mm(後程計測)

頭部と腹部の色合いが若干異なるツートンタイプの個体。

 

 

カブトムシ1♂2♀(サイズ未計測)

 

 

ミヤマクワガタ♂68mm(後程計測)

 

 

ネブトクワガタ小型♂(未計測)

 

 

コクワガタ♂30mm前半程(未計測)

 

等々、この時期にしてはなかなかのペースで採れて行きました。

 

 

そして、今回最大の大物と出逢ったのは、

 

何と木の幹に近い場所。

ほぼ地面に接する場所に潜んでいました!

 

 

おおおおっ!!!!

これはデカいっ!!

 

ボディが極太です!!
二人で顔を見合わせ興奮状態!!

 

サイズが気になり、すぐに車に戻り測定すると、

 

ヒラタクワガタ♂72.0mm!

 

今年6月に採集した♂71.3mmを超える特大個体でした!

素晴らしいっ!!

こういう出逢いがあるから採集は止められませんっ^^

 

その後5時間程、午前中いっぱい採集を続けて、

 

※一括撮影の為、一瞬だけ故意にまとめて撮影しています※

 

合計162頭の個体を採集することが出来ました。

 

採集初日の結果としては大成功!
kazuくんも大満足の採集だったと言ってくれたのでほっとしました。

大型個体17頭をキープして、その他は場所を分けてリリースしました。

 

 

それともう一つの目的。

今の時期の採集数調査の結果です。

 

今回のデータを紹介すると、

 

【2018/8/7 採集個体内訳】

ミヤマクワガタ 24頭
ノコギリクワガタ41頭
ヒラタクワガタ18頭
コクワガタ 25頭
ネブトクワガタ 3頭
スジクワガタ 5頭
カブトムシ 46頭

 

合計162頭

 

このような結果でした。

 

シーズン終盤も近いこの時期にしてはなかなかの数ではないでしょうか?

ミヤマやノコギリは最大♂68mm程度でしたが、ヒラタの♂72mmが圧巻でした。

 

しかし種類的にはやはりカブトムシが多かったですね。
やはり夏の後半はカブトムシの勢力が強そうです。

それでもクワガタもほとんど全ての種類を見ることが出来ましたので、まだまだもう少しは採集を楽しめるのではないかと思いました。

 

とりあえず1日目は大成功!
2日目の様子はまた次回ご紹介したいと思います。

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2018年8月8日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[4],

ブックマーク・共有

今回のターゲットはカブトムシ! 私の採集...続きを読む

今回のターゲットはカブトムシ! 私の採集日記はいつも昼間採集が主なので、採れるのはノコギリやミヤマクワガタ達がほとんど。 ということで、今回は天下のムシキング、...続きを読む

今回のターゲットはカブトムシ!

私の採集日記はいつも昼間採集が主なので、採れるのはノコギリやミヤマクワガタ達がほとんど。

ということで、今回は天下のムシキング、カブトムシ採集に行ってきました!

 

午後7時20分頃の宮崎市の空

段々日が暮れてもうすぐカブトムシ達の天国になります!

 

 

今回の採集もお仲間がいます。

 

※ちょっとフラッシュ量が足りずスミマセン※

 

【一緒に採集してくれたメンバー】

小松裕氏
吉永真氏(お父さん)
吉永淋(りん)くん
吉永嵐(らん)くん

 

過去何度もこの飼育日記にも登場してくれている昔からの友人小松裕氏と、クワガタ大好き家族、吉永真氏と、息子さんの淋くん嵐くんです。

 

みんなで昆虫採集を楽しみたいと思います。

 

 

さて、カブトムシと言えば夜行性。
ということで、今回の採集の舞台は夜の山となります。

 

ポイントに到着。

ここはクヌギ、ハルニレ、シラカシが群生しております。

 

到着すると、

 

「わっ!!」

 

別の意味で驚きました!

他にも採集者がメチャ沢山います。

真っ黒な森の中、沢山の懐中電灯の光がまるで灯台の光のように走り回っていました!

 

採集者の一組、親子連れの方に聞くと、

「先ほども二人組がバケツ2杯分位大量に採って帰ったばかりですよ~」とのこと。

 

「うわ~、これは今回厳しいかも・・・」

 

と思いながらも、その後飛んで来てくれたであろう新しい個体を探しながら山を散策することにしました。

 

 

しかし・・・・

 

 

最初はなかなか見つけられません。

 

 

見つかるのは、

 

 

 

ゴミムシの一種??

 

しかし

 

しばらくして、

 

 

「いたーっ!!」

 

真っ黒な闇夜から淋くん、嵐くんの声がっ!

 

 

おおお~っ!

ようやく本日ターゲットのカブトムシ小型♂とご対面!

白く泡立った樹液に吸い付いています。

 

 

この個体を皮切りに、

 

カブトムシ中型♀

 

 

カブトムシ小型♂

 

 

カブトムシ小型♀

 

と、小さいながらもポツポツと現れ始めました。

 

しかし、同時に新しい採集者も次から次へと現れます。

 

それでも根気よく探していきました。

 

カブトムシ中型♂

 

 

ハルニレの木につくカブトムシ大型♀

この♀はなかなかの大きさでした。

 

 

カブトムシ大型♂

 

この♂はなかなかの大型です。
♂80mmには届きませんが、♂75mmUPはありそうです。
角の割にボディがデカい個体でした。

 

 

今回一番大きかったのがこの個体!

サイズ計測はしていませんが♂80mmUPは確実!

しかも赤みが強いレッドボディタイプです。

 

 

採っては飛来するのを待ち、

採っては飛来するのを待ちながら、

約2時間ほど採集を楽しみました。

 

先行者と同時採集者が多かったせいか、あまり数は伸びませんでしたが、粘って20頭程位を採集出来ました。

 

 

 

吉永一家も採ったカブトムシに夢中!

数は少なかったものの満足して頂けたようで安心しました!

 

 

と、採集も終え、帰宅の道中で、

 

なかなか良さそうな明るい水銀灯を発見!

 

少し下車して探してみると、

 

 

カブトムシ中型♀が飛来していました。

この他にももう一頭カブトムシ♀を見つけました。

 

 

 

近くの自動販売機にはとっても大型のバッタが!

吉永真氏(お父さん)は触ろうとして噛まれてしまいました

メチャ顔がデカく凶暴なバッタでした!

 

如何でしたでしょうか?

今回は夜のカブトムシ採集の様子をご紹介しました。

やはりこの時期は夏休みともあって採集者の数もかなりのものですね。

でもそれでも何とか子供達にも喜んで貰えたので良かったです。

 

一緒に採集して下さった小松氏吉永家ファミリー、ありがとうございました。

そしてお疲れ様でした!!^^

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2018年8月6日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[4],

ブックマーク・共有

少し前の話、7/中旬頃の話になりますが、...続きを読む

少し前の話、7/中旬頃の話になりますが、群馬県滞在中にアカアシクワガタを採集に行ってきました。 今回はその時の様子をご紹介したいと思います。   群馬...続きを読む

少し前の話、7/中旬頃の話になりますが、群馬県滞在中にアカアシクワガタを採集に行ってきました。

今回はその時の様子をご紹介したいと思います。

 

群馬県 某所 

標高は詳しくは分かりせんが1000m近くはあると思います。

その周辺に生えているヤナギの木を見つけて探していきます。

上記画像の木がターゲットとなるヤナギの木(全体像)です。

 

 

ヤナギの木にも種類が沢山あるそうですが、山でよく探すヤナギの木はこんな感じの葉型をしています。

 

 

葉の表側

 

 

葉の裏側

 

あくまで私が通った中でのデータになりますが、ここ群馬県においてはクワガタが集まる非常に有力な木の一つです。

低地の河川敷から高地まで至る所で見かけることが出来ますので、このような画像の木を見つけた時は一度チェックしてみると良いかもしれません。

 

ちなみに今回群馬でのアカアシクワガタは全ての個体がヤナギの木からの採集でした。

群馬県でのアカアシ採集の様子を短いですが少し動画で撮影しています。

宜しければご覧下さいませ。

 

           

この様な感じのフィールドでアカアシクワガタを採集しました。

この場所は標高は1000mほど。

ここではなぜかアカアシしかとれません。

もう少し上の標高に行くと、過去にヒメオオも採れたことがあるらしいです。

 

 

今回採集したアカアシの一部を画像にてご紹介します。

 

中型♂

 

 

中型♀

 

 

小型♂

 

 

中型♀(腹側)

 

 

 

中型♂(腹側)

 

アカアシクワガタの名前の通り、裏返すとお腹と足の部分が赤く一目瞭然ですね。

とっても美しいクワガタです。

 

 

如何でしたでしょうか?

 

この様な感じで群馬県でのアカアシクワガタ採集を楽しみました。

ここでは他の種は全く見かけませんが、宮崎ではなかなか採れないアカアシと出逢えるのは嬉しい事です。

今年もヒメオオクワガタには出逢うことはかないませんでしたが、来年こそは!と今から意気込んでいます^^

 

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2018年8月3日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[2],

ブックマーク・共有

先日、日記で書いたツイッター仲間4人との...続きを読む

先日、日記で書いたツイッター仲間4人との採集記。 実はあの話には続きがありました。 実は採集地に着いてポイントを見回っていた時、他の採集者の車とすれ違いました。...続きを読む

先日、日記で書いたツイッター仲間4人との採集記。

実はあの話には続きがありました。

実は採集地に着いてポイントを見回っていた時、他の採集者の車とすれ違いました。

その時は全く気付かず、「ああ、やはり土曜日だから他の採集者も来ているなぁ~」と思っていた位でした。

 

その後、採集を終え、帰宅してLINE を確認してみると、私の知り合いから連絡が入っており、「今日ミヤマの特大個体を採ることが出来ました!」とのこと。

 


それがこの個体!!

素晴らしく綺麗な体毛とボディ。

※後日撮影させて頂きました※

 

しかもサイズは、

なんと、

ミヤマクワガタ♂75.6mm

 

先日の皆との採集での♂74.3mmを大きく上回る特大個体!!

 

なんとまぁ、あの時すれ違ったのが彼だったとは・・・。

 

 

その彼というのがこのKくん

(特大75㎜とツーショット)

 

歳はまだ今春高校を卒業したばかりの18歳。

しかし18歳と言っても、小学生の頃から私の所に通い続けていてクワガタ歴は既に10年近くあります。

採集は勿論、ブリードも各種沢山行っており、将来も可能ならばクワガタ関係の仕事がしたいと語る将来有望な昆虫少年です!

 

以前もノコギリ73mmやミヤマ70mm前半の個体は採った事があるものの75mmを超える個体は初めてとの事!

直接会った時の笑顔がとっても嬉しそうで、見ていてこちらまで嬉しくなってきました。

 

改めて、

Kくん、本当におめでとう!!

 

今後も沢山採集して、立派なクワガタマスターになって下さいね!^^

また一緒に採集しましょう!!

 

とまぁ、先週末は同日に♂74㎜以上のミヤマ個体が同じポイントで2体はいたという結果でした。

シーズン最盛期からは少し経過したものの、まだまだ沢山出てきている時期なので、探せばまだまだ大物もいるはずです。

こちらも良い刺激になりました。

また私も近い内に採集行ってみたいと思います。

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

 

 

使用したアイテム

2018年8月1日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[4],

ブックマーク・共有

先週末、私の20年近く親交のある横浜の友...続きを読む

先週末、私の20年近く親交のある横浜の友人kara(ツイッター使用HN)さんより連絡があって、「今ツイッターのクワガタ仲間3人と宮崎に来ているので採集を一緒にや...続きを読む

先週末、私の20年近く親交のある横浜の友人kara(ツイッター使用HN)さんより連絡があって、「今ツイッターのクワガタ仲間3人と宮崎に来ているので採集を一緒にやらないか」とのお誘いの電話が入りました。

とはいえ、その日は土曜日のしかも既に午後2時過ぎ。

この時期の条件としてはあまり良くありません。

また土曜ということもあり、他の採集者も既に山に入っているだろし、気温的にも一番暑い時間帯。

しかし私もタイミングよく時間が空いたし、こんな機会はめったにないことだと思い二つ返事でOKし、合流しました。

 

今回一緒に採集を楽しんだのは上記4名。

 

左から、karaさんホリペンさんセバスチャンさんkazuさんの順(皆ツイッター使用HN)

 

しかし横浜、埼玉、栃木、佐賀と皆さん出身地がバラバラ。

皆さんツイッターでのクワガタ仲間らしく今回皆で採集を楽しむ事になったらしいです。

 

そこに私:Shihoが合流しました。

 

 

案内したのは私が良く通うフィールドの一つ。

 

ハルニレの木を叩くkaraさん。

 

 

細めのハルニレのウロを見るセバスチャンさんとホリペンさん。

 

 

長い長い竿で高い所の枝を探るkazuさん。

と同時に下ではホリペンさんがウロをチェック。

 

皆さんまるで子供の様に集中してクワガタ採集を楽しみました。

 

採れた個体を一部ご紹介!

ミヤマクワガタ♂68mm後程計測

 

 

ノコギリクワガタ♂65mm(後程計測)

 

そして大型個体も採れました!

 

大型のヒラタクワガタ♂

 

帰宅後の計測で

ヒラタクワガタ♂68.0mm

70mmの大台には届きませんでしたが、これもなかなかお目にかかれないサイズ。

今ヒラタにハマっているというkaraさんは大喜び!^^

 

 

そして、

大きな高いハルニレの木より落ちて来たこの個体!

ちょうど砂利の上に落ちて来たので、落下時にはかなりの音がしました!

 

 

 

デカいっ!!

多少の擦れ等はあるものの特大個体です!

見事に竿で落としたホリペンさんも超興奮を隠しきれない様子でした!

 

 

帰宅後の計測で、

ミヤマクワガタ♂74.3mm

を指しました。

素晴らしい特大個体です!!

 

皆さんおめでとうございますっ!!

 

余談ですが、やはり複数人いると計測撮影が楽ですね。
いつも一人で計測撮影している自分は、デジタルノギスを両手で計測しながらの撮影は諦め、もっぱら定規を添えた撮影ばかりなのでとても楽に計測撮影が出来ました。

 

 

そして、この後、ちょうど日も暮れて来たのでカブトムシポイントへ移動することにしました。

 

そこでは採るのに熱中するあまり撮影はしなかったので、木に集まっているカブトの画像はありません。申し訳ございません。

 

しかしカブトムシも約50~60頭位見かけることが出来ました。

 

この様な感じで皆で採集を楽しみました。

 

今回の収穫個体達。

潜っているのも多数ありかなりの数がいると思います。

全部で200頭近くはいたのではないでしょうか?

 

この中から皆さんお好みの個体♂のみを選抜してお持ち帰りさせて頂きました。

 

皆さんそれぞお気に入りの個体を持って撮影!

 

 

如何でしたでしょうか?

今回クワガタの仲間達と一緒に採集を楽しみました。

私も群馬から帰って久しぶりの宮崎での採集でした。

 

karaさん以外の方とは今回初めて会った方達ばかりでしたが、同じ趣味を持つ者同士、すぐに打ち解け話が弾みました!

皆でワイワイとやる採集はやはり楽しいものですね!

 

皆さん遠方よりお越しいただきありがとうございました。

また機会がありましたら是非採集ご一緒しましょう。

お疲れ様でした!^^

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

使用したアイテム

2018年7月30日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[9],

ブックマーク・共有

先週よりイベント出席のため、月夜野きのこ...続きを読む

先週よりイベント出席のため、月夜野きのこ園本社がある群馬県 みなかみ町に来ています。 今回はその群馬県でクワガタ野外採集を行いましたので、その時の様子をご紹介し...続きを読む

先週よりイベント出席のため、月夜野きのこ園本社がある群馬県 みなかみ町に来ています。

今回はその群馬県でクワガタ野外採集を行いましたので、その時の様子をご紹介してみたいと思います。

 

2018年 7月17日 群馬県 みなかみ町

 

自然がとても豊かな空気の美味い場所です。

昨年の雨ばかりの日々と違い、今回の滞在中はほとんどが快晴!

こんな快晴ぶりを見せられては採集の血が疼いてくるというもの。

 

群馬に到着した7/17当日、時間は既に夕方4時を回っていましたが、初日は表立った仕事は入っていなかったので、早速採集に行ってみました。

 

到着したのは群馬に来たら必ず来ているコナラ林。

コナラが主ですが、たまにクヌギ、ヤナギも生えています。

 

今回が群馬での今年の初採集なので、まだどの木にクワガタ達が付いているのか認識していません。

とにかく片っ端から叩いて回りました。

 

今年の群馬初採集はこの個体。

ミヤマクワガタ♂50mm 程でしょうか。

あまり大型ではありませんが、今年も生息していると認識!
嬉しいものです!^^

 

 

中型のカブトムシ♂も落ちて来ました。

 

 

ノコギリクワガタ♂65mm(後程計測)

初ノコギリGETです!
なかなかの大型^^

 

 

スジクワガタ♂32mm(後程計測)

なかなか立派なスジクワガタも落ちて来ました。

ここ関東 みなかみではスジクワガタをとても良く見かけます。
やはりある程度標高があるせいでしょうね。

 

そして、

 


ミヤマクワガタ♂70.0mm

群馬産ミヤマクワガタ70mmUP!

素直に嬉しいのひと言でした!^^

 

どちらの画像も会社に持ち帰ってからの撮影で恐縮なのですが、今年もミヤマの70mmUPに出逢う事が出来ました!

 

 

 

それと今回はそれを上回る大物が!

 


ノコギリクワガタ♂72.5mm

 

来ましたッ!!

昨年、群馬採集の♂70.3mmを2mm以上も更新!!

多少の内歯欠けや傷等はありますが、それでも素晴らしい個体!

 

 

 

約2時間程、群馬県での初採集を楽しみました。

 

動画では一部の個体のご紹介ですが、群馬のクワガタ達と出逢うことが出来ました。

 

いやぁ、群馬も採れますね~!

この日、初採集にしてはなかなかの出来、合計で70頭程と出逢うことが出来ました。

 

やはりどこに行っても山は良いものです。
群馬 みなかみの山の神様、沢山のクワガタ達とめぐり逢わせて頂きありがとうございました。m(_ _)m

 

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)

 

 

使用したアイテム

先週の7/21~7/22の二日間に渡って...続きを読む

先週の7/21~7/22の二日間に渡って、群馬県のnorn(ノルン)スキー場にて、月夜野きのこ園主催で「2018 世界のクワガタカブト大集合」のイベントを開催し...続きを読む

先週の7/21~7/22の二日間に渡って、群馬県のnorn(ノルン)スキー場にて、月夜野きのこ園主催で「2018 世界のクワガタカブト大集合」のイベントを開催しました。

 

今回も土日の昆虫教室イベントや展示販売、虫くじ、用品販売、国産カブトムシ大きさ自慢大会などが行われました。

 

 

一番の人気はハズレくじ無しの虫くじ

上記画像は開店前の「虫くじ」に並ぶ行列。
土曜、日曜共に長蛇の列が出来ました。

炎天下の暑い中長時間並んで下さいましてありがとうございました。

 

 

1等当選はヘラクレスオオカブトムシ

 

 

皆さん、ドキドキしながらくじに参加して下さいました。

 

 

見事1等のヘラクレスを引き当てた女の子!

ご家族そろってとっても満足そうでした。

おめでとうございます!!

 

 

こちらも虫くじと並んで大人気だったふれあいコーナー

ヘラクレスオオカブトの成虫&幼虫に直接触ることが出来ます。

 

 


皆さん、恐る恐るながら、しかしとても興味津々!

ご参加ありがとうございました!^^

 

土曜日には私:Shihoが恐縮ながら昆虫教室を開かせて頂きました。

 

・日本に生息するクワガタ、カブトの簡単な説明。

・どんな場所でクワガタ達が採れるのか?

・どんな木にクワガタ達は集まるのか?

・どのようにして採るのか?

・クワガタ、カブトのプレゼントクイズ。

・実際の採集している映像

・捕まえたカブトムシはどうやって産卵させるのか?(実演)

 

上記の内容で午前、午後の2回行いました。

簡単なクイズを出して正解者には私が実際に山で採集したクワガタをプレゼントするという、今年初めてのプレゼント企画も行い、皆さん多数参加して下さいました。

本当にありがとうございました。

 

 

そして日曜日には、昆虫界のアイドル。

カブトムシゆかりさんが日曜日、午前&午後に渡って2回昆虫教室を開催!

 

 

ゆかりさんの教室は今年も大反響!!

子供から大人のファンまで沢山の方が教室に参加!

 

 

中でもプレゼントクイズは大盛り上がり!

 

 

クイズに正解すると、この色鮮やかなクワカブフィギュアが貰えちゃいました!

 

 

皆さん白熱!!

沢山のご参加ありがとうございました。

ゆかりさんお疲れ様でした。
楽しい教室ありがとうございました!^^

 

 

会場前の広場では、沢山のフードショップが並びました。

 

フードメニューも充実!!

 

 

その中の一つ、ドネルケバブ
私も食べました。
ムチャクチャ美味かったです。
期間中つい3回も食べてしまいました^^

 

会場内では、手作りキャンドル工房では、

とっても可愛いガラス細工が販売されていました。

こちらはヘラクレスオオカブト

とてもよく出来ていてメチャ可愛いです。

 

 

会場内の展示生体販売のコーナー。

こちらは開店前の様子、沢山の生体をズラリと用意しました。

 

 

開催中はこの熱気で賑わいました!

 

 

標本のコーナーも設けました。

世界のクワガタ、カブトムシをはじめカナブンやハナムグリ、珍しい蝶やカミキリムシ、タマムシなど種類豊富に展示させて頂きました。

 

 

そして盛り上がったもう一つの企画。

国産カブトムシ大きさ自慢大会

こちらも毎年行っている企画なのですが、年々参加率も増え、またかぶとむしの大きさもレベルアップして来ています。

期間中200人近い方が参加して下さいました。

 

 

 

今年のチャンピオンはこの黒いシャツの男の子。

記録:84.9mm

かなりの大型個体で、見ていた会場の皆さんも「デケェ~!」との声が飛び交っていました!

 

素晴らしい個体でした。
本当におめでとうございますっ!!

 

 

このような感じで、2日間イベントを開催させて頂きました。

 


最後に月夜野きのこ園スタッフ全員とかぶとむしゆかりさんとの集合写真を撮らせて頂きました。

 

今回のイベントにご来場して下さったお客様は

2991名!

この炎天下の中、約3000名近い皆様が私どものイベントに足を運んで下さいました。
本当に本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

 

スタッフ全員、精一杯対応させて頂いたつもりですが、それでも何かと至らない点もあったのではないかと思います。

来年ももちろん開催する予定ですので、今年以上に更に盛り上げ、かつ少しでもお客様に楽しんで頂けるようなイベントが出来るように心がけていきたいと思います。

皆様、本当にありがとうございました。

 

月夜野きのこ園スタッフ一同

使用したアイテム

2018年7月26日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[2],

ブックマーク・共有

1 / 14612345...102030...最後 »
月夜野きのこ園
〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170/0278-20-2060
TSUKIYONO KINOKOEN All Rights Reserved.