山口県 米田 様 よりのおハガキメッセージ

初めてローゼンベルグオウゴンオニクワガタを育てる為に、N-カワラblockバラを買って、ペアを育てていました。オスはメスをメイトガードしており、ペアリングは上手く出来ていたと思っていました。しかしメスの死亡後、数ヶ月して割り出しをしてみると産卵数は0、1ヶ月もメスは生きていなかったので難しかったのかなと思い、代わりのメスも見つからなかったので、残されたオスを大切に育てる事にしました。8月に家に来て、10月にコロリと亡くなるまで、早すぎたのか普通だったにか初心者の私には分からなかったものの、じっくり見ていると、動きの一つ一つその個体にとっては意味があり、虫一匹であってもそこには自我が自分の意志があるのだなと教えてもらいました。命の価値は違えども、命そのものの意味は人と同じなのだと、エサの好み、足に動き、歩く姿、飛ぶ姿を見て学ばせてもらいました。今は先に亡くなったメスと同じ、椿の植木の下にねむっています。ありがとうと思うと同時に、またあの金色の姿を育てたいと思いました。


最近の投稿

月夜野きのこ園
〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170/0278-20-2060
TSUKIYONO KINOKOEN All Rights Reserved.