時は少し前(8/上旬頃)の話になりますが、別のポイントの様子が知りたくて少し遠出しました。

今回はその時の様子をご紹介したいと思います。

 

やって来たのはハルニレが主の混生地。

ハルニレの他にも、クヌギ、コナラ、ヤナギ、シラカシ、ヤシャブシ、アカメガシワ等、クワガタが集まる木が沢山混生している場所です。

 

 

さっそくチェックしていくと、

ノコギリクワガタが鈴なりに付いていました。

こちらからは見えませんが、この反対側にも、もう2頭♂と♀がくっ付いています。

合計5頭一緒にいますね。

 

 

 

カナブンも多数樹液に群れています。

 

 

周りの木をほんの少し揺らしただけで、

カブト♂が落ちて来ました。

 

と同時に、

 

カブト♀も一緒に、少し時間差で落ちて来ました。

 

 

 

この大きなハルニレの木からは、

 

 

 

ノコギリクワガタ♂66mm(後程計測)

 

 

 

コクワガタ♂42mm(後程計測)

 

 

 

ミヤマクワガタ♂55mm(後程計測)

 

他、3頭、合計6頭のクワガタシャワーを浴びました!

 

 

少し場所を移動してから、

 

 

ハルニレのウロをチェックすると、

小さなクワガタの姿が見えました!

 

実はこの時「コクワかヒラタの小型が入っているからまずは撮影しておこうか」と、軽い気持ちで先行撮影をしたのですが、

 

いざその個体を取り出して見ると、

 

えっ、これは!???

 

 

オッ、オオクワガタ!?

 

 

傷だらけのボディ。

しかし紛れもなき、

オオクワガタ♂!!

 

 

 

く~っ!!

小さい個体ですが、やっぱりオオクワガタは格好良いっ!!^^

 

 

 

帰宅後の測定で、

オオクワガタ♂57.3mm

を指しました!

 

本当に久しぶりのオオクワガタです。

勿論、他のクワガタ達も当然嬉しいのですが、私が通うフィールドでは、オオクワガタは一年に、いや長い時は数年に一頭出逢うかどうかの種。

やはり格別なものがあります。

 

過去にはいつもクヌギで採れるのですが、今回はハルニレ。

やはり宮崎ではかなり頼りになる木です。^^

 

この様な感じで採集を楽しみました!

今回の目玉は何といってもオオクワガタ
♀が採れれば是非ブリードしてみたいのですが、贅沢は言っていられません。

 

また次回の採集も楽しみになりました。^^

 

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)