何気に飼育ルームの片隅に目を追いやると、小さなプリンカップ上でゴソゴソ動き回っている生体がいました。
今日は知らずに羽化していた国産ネブトクワガタのご報告です。


画像003 005

【国産ネブトクワガタ♂23mm】

【飼育種】
和名 ネブトクワガタ
学名 Aegus laevicollis

産地 熊本県産
累代 F3

【羽化体長】♂23㎜
【使用したエサ】完熟マット
【使用した容器】 90㏄プリンカップ
【えさ交換回数】途中3回
【設定管理温度】25℃前後
【羽化までにかかった時間】初令投入して約8ヶ月(合計9月程度?)
                 (自力脱出ゆえにちょっと曖昧です)

小型ながら独特の風貌を持ち、大歯型になると内歯の形状も格好の良くなるネブトクワガタ。
南西の離島もの(アマミや沖永良部)の方が大型になる傾向があるようですが、今回ご紹介する個体は本土産のものです。

産卵にちょっとクセがある本土産ネブト。
私は黒土マットが出来るまでは完熟マットと黒土を混ぜて使用してきました。
今は黒土マットのみで産卵はOKです。

幼虫飼育は比較的簡単ですが、大型を出すのがちょっと難しい所もあります。
この個体は90㏄のカップで♂23㎜。ギリギリ大歯ですがまだまだ小型。
もう少し大き目の容器で飼育した方が良かったですが、入れ替えるのを先に先にと延ばしていてすっかり忘れていました。

目標は30㎜UP。スーパーな大歯を狙っていきたいです。(^^)