少し前になりますが、国産ノコギリクワガタ(本土:宮崎県産)が羽化しました。

今回はその時の羽化報告をしてみたいと思います。

 

【ノコギリクワガタ♂68mm

 

 

【飼育種】
和名 ノコギリクワガタ
学名 Prosopocoilus inclinatus 

 

【産地】
日本 宮崎県産

【累代】
WF1

【飼育したエサ】
EP-1100菌糸×2本

【幼虫初回令数】
1令投入

【途中エサ交換】

途中1回
(1本目投入から約4か月後)

【管理温度】
25~27℃前後(最初の2か月程度)
21~23℃前後(その後~羽化まで)

【羽化までにかかった時間】
1令投入後、約7か月
(合計8か月程度)

 

【羽化体長】

♂68mm

 

 

<羽化までの手順>

 

幼虫状態で回収(1令)

     ↓

使用したエサはEP-1100

     ↓

途中1回の交換(EP-1100使用)。

     ↓

羽化  ♂68mm

 

上記、この流れで育てました。

 

特に難しい種ではありませんが、気を付けた点と言えば、

 

・管理温度

・菌糸の雑菌周り等の注意。

 

この点に気を付けて飼育しました。

 

今回は菌糸ビン2本使っていますが、幼虫のエサ食いはオオクワやヒラタ等のドルクス系に比べると少なく、本来ならば交換しなくても良いような気がしました。

しかし投入後4ヶ月経過していたため、栄養価や雑菌などの面も考え、今回は交換することにしました。

そう考えると、最初の1本目は1100ccではなく800ccのボトルでも良かったかもしれません。

もう何度も飼育している種ですが、飼育する度に「あぁここはもう少しこうしておけば良かった・・・」等と反省点が見つかるものです。

飼育は奥が深いと改めて感じさせられます。

 

※ここでご紹介させて頂いた考え方や飼育方法はあくまで私:Shiho個人のやり方&考え方であってそれを押し付けるものでは御座いません。あくまでもご参考程度にご覧頂ければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。