雨が多い季節になって来ました。
そうです、もうすぐ梅雨入りですね。

この時期は雨の合間を狙っての採集になるので、まさに毎日天気予報と睨めっこ状態になります。

 

そんな雨間の合間を狙ってやって来ました、ハルニレ林。

この日の気温は先日の採集より低めの25℃

 

早速木をチェックしていきます。

 

 

ハルニレの樹皮裏にクワガタの姿を発見!

どうやらコクワガタ♂のようです。

 

 

丁寧に取り出して見ました。

なかなかの大型。
コクワガタ♂46mm(後程計測)でした。

この時期のコクワガタは昨年から活動している越冬個体と、今年初めて地上に出て来た新成虫が入り混じりますが、この個体はどうやら新成虫っぽいですね。

ボディに傷もほとんどなくとても綺麗な個体です。

 

こちらのハルニレの木の隙間にも、

コクワガタ♂が潜んでいました。

少し小型のようですね。

 

このコクワガタが入っている木を蹴ってみると、

 

何やら良い落下音が、

 

なんと、ミヤマクワガタ♂個体!

しかも美個体で良型です。

この時、内心軽く70㎜UPと思っていましたが、

 

実際に計測してみると

 

ミヤマクワガタ♂69.3mm

 

特大の基準サイズ70mmには及びませんでした。

 

採れた瞬間ってとても大きく見えるものなんですよね~。

毎回錯覚してしまいます。

 

しかし今年最初採集のミヤマクワガタにしては上出来な滑り出し!

大型サイズと言え型もすばらしく体毛もそろっておりとても綺麗な個体でした。

 

この個体ばかりに気を取られていてその時は気付かなかったのですが、

 

一緒にミヤマクワガタ♀も落ちているのに気づきました。

ミヤマクワガタ♀38mm

とても綺麗な個体です。
先ミヤマ♂69mmとおそらくペアでいたのでしょう。

 

採集開始わずか30分位で良型ミヤマペアをGETし、テンションがあがりました。

 

このまま大量ペースかと、思いきや・・・・・

 

その後、しばらくは見つけられず沈黙。。。

 

2時間ほど経過して、ようやく

ハルニレの樹液だまりに、

ネブトクワガタ小型♂発見。

とても小さく♂15mmも届いていないでしょう。

 

すぐそばにあったハルニレの木を蹴ってみると、

おお、ノコギリクワガタだ!

 

ノコギリクワガタ♂40㎜前半位

 

小さい小歯型のノコギリですが、ノコギリは今シーズン初採集です。

とても綺麗な傷一つない個体。

初採集時はいつでも嬉しく、テンションが上がります^^

 

このような感じで3時間程採集を楽しみました。

今回は今シーズン初のミヤマとノコギリが採れたのが嬉しかったですね。

シーズン初期ともあってどの個体も素晴らしくキレイです。

 

これで今シーズン、今までに

ミヤマクワガタ
ノコギリクワガタ
コクワガタ
ヒラタクワガタ
ネブトクワガタ

の5種を見つける事が出来ました。

 

また次回が楽しみになりました。^^

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)