採集シーズンも最盛期に来ておりますので、最近は採集に行くペースが上がって、紹介する記事が溜まってきております。

後手後手になってしまい申し訳ございません。

少し前の7/6&7/8の採集時の様子をご紹介したいと思います。

 

 

【7/6の採集】

 

まずは7/6日の一番の大物はこちら、

 

コクワガタ♂50.5mm

 

コクワガタ♂50mmUPです^^

 

この個体が採れたのは、

 

このクヌギの樹皮裏でした。

 

 

全国的にみても多く生息するコクワガタ。

私が通うポイントでも多く見かけますが、♂50mmUPとなるとそう簡単には出会えません。

一年に1~2頭のレベルです。

大型になると、まるで台湾のシェンクリングの小型版にも見えてなかなかの迫力があり格好良いです^^

 

 

【7/8の採集】

この日は最初一日中曇りの予報でした。

なのでいつものように朝から山へ。

 

カブトムシ♂カナブンが出迎えてくれました。

 

周りの木を蹴っていくと、

 

ミヤマクワガタ♂64mm

 

 

コクワガタ♂30mm半ば位(推測)

 

 

カブトムシ♂(未測定)

 

 

と、ポロポロ落ちて来て、なかなか順調^^

 

 

 

このシラカシを蹴ってみると、

 

バサッと大きめの落下音

 

おお、なかなかデカいっ!

 

しかし、大台(70mmUP)は微妙かなぁ・・・

 

帰宅後の計測で、

ノコギリクワガタ♂70.2mm

 

何とか特大サイズに届いてくれました。

良かったです^^

 

採集開始から約30分ほどで特大サイズも採れ、さぁいよいよこれから本番か!と思っていたところで、

 

 

空が暗くなって来ました。嫌な予感・・・。

 

そして、ついに

 

雨が降り出してしまいました。

しばらく車で待機していたのですが、雨脚は強くなるばかりで止む気配がありません。

 

天気予報を見て推測した上で来ているのですが、やはり山の天気は急に変わるものです。

残念ながらこの日はここで撤収となりました。

 

 

如何でしたでしょうか?

今回の採集ではコクワガタの特大サイズ♂50mmUPが採集出来ました。

よく見かけるコクワガタですが、♂50mmを超えるサイズにはなかなか出逢えませんので嬉しかったです。

また次回も頑張ります!^^

 

 

※この方法はあくまで私自身のやり方です。人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、 虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、 モラルを守って採集を楽しみましょう。(^^)