前回の日記で、クワガタ、カブトムシなどを...続きを読む

前回の日記で、クワガタ、カブトムシなどを採集する方法として、これまで樹液採集は勿論ですが、光に集まってくる習性を利用した灯火採集のご紹介を致しました。 &nbs...続きを読む

前回の日記で、クワガタ、カブトムシなどを採集する方法として、これまで樹液採集は勿論ですが、光に集まってくる習性を利用した灯火採集のご紹介を致しました。

 

今回は、クワガタ、カブトムシ成虫達のエサとなるものを利用した採集方法「フルーツトラップ採集」をご紹介したいと思います。

 

フルーツトラップ採集、その名の通り果物をエサとするわけですが、色々な果物で試される方もいらっしゃいます。リンゴ、バナナ、パイナップル等々。。。

その中でも私が思うに一番手頃な値段で入手出来、効果も高いと考えるものは「バナナ」です。

 

今回はこの「バナナトラップ」のやり方をご紹介してみたいと思います。

 

 

【フルーツトラップ採集】
(バナナトラップ)

 

 

【用意するもの】

・バナナ
・焼酎
・ドライイースト
・砂糖

 

【バナナを買う際のポイント】

少しでも熟したバナナを買うこと。
黄色くなって黒い斑点が出て来てるようならより良いと思います。

新品のバナナではなく、少し痛んだ見切り品などを買うとコスト的にも楽です。

 

 

【作る手順】

 

バナナを大まかにぶつ切りにする

そのバナナをボールに入れる

そこに砂糖、ドライイーストを入れよくかき混ぜる

よくかき混ぜたものをビニール袋に詰める

最後にそこに焼酎を入れる

ビニールを完全密封し、よく振りまんべんなくかき混ぜる

気温が高い所(30℃近く)の所、または日なたに放置する

発酵が進むとガスが出て、ビニールがパンパンになり破裂する場合があるので、時々チェックして破裂しそうなら空気を抜くようにする

バナナが発酵し発酵臭が出てきたら完成。

 


発酵中のバナナ

 

 

さぁ、完成したバナナを持って、トラップを仕掛けに行きます。

 

しかしバナナトラップを仕掛けるにも、どこにでも仕掛ければ良いというわけではありません。

ここでどんな所に仕掛ければ良いかをご紹介してみたいと思います。

 

 

【どんな木にトラップを仕掛けるのか】

 

トラップを仕掛けようとする木は樹液が出ていない木を選ぶ。

理由:樹液には勝てないので、樹液が出ている木にトラップを仕掛けても意味がないから

 

トラップを仕掛ける木の周辺には、クワガタが集まるような木がないようにする。

理由:近くにクワガタが集まるような樹液が出る木があると、樹液の方にクワガタは集まってしまいトラップには来なくなるから。

 

あまり奥まったところでではなく、森や林の入り口付近に仕掛けるようにする。そして風向きを確認して、森の中へ臭いが流れるような位置の木に仕掛ける。

理由:林や森の入り口から、森の中へ臭いが漂う様にすると森の中にいる虫達が臭いにつられ集まりやすくなる為。

但し風向き次第で真逆になってしまう場合があるので、そこは要注意。風向きをチェックして森の中へ臭いを含んだ風が吹くようにするのがポイント。

 

【木にバナナを仕掛ける】

バナナトラップの職人、月虫:松井氏。

 

 

この様に手で木に擦り込むように塗り付けるのも良し。

 

 

またネットの中に発酵バナナを入れ、吊り下げる方法も良し。

 

そして、一晩以上経過した頃チェックすると、

 

木に直接塗った例

この時は数は少ないながらもミヤマの♀等が集まっていました。

 

 

ネットに入れて木から吊り下げた例

 

沢山のカブトムシが集まってくれました。

 

如何でしたでしょうか?

あくまで私のやり方ですが、この様な感じでバナナトラップは行います。

 

皆さんも機会がございましたら是非チャレンジしてみて下さいませ。

狙った木にクワガタが来ていたら最高ですよ!

 

※この採集方法はあくまで私自身のやり方です。人によって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、 無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。

残骸物が残る採集トラップをした場合は、必ず後始末をするのを忘れないようにしましょう。 自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

使用したアイテム

2020年8月20日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

前回、「クワガタ、カブトムシの採集方法」...続きを読む

前回、「クワガタ、カブトムシの採集方法」についての記事で、灯火採集:外灯巡り採集のご紹介をしました。 今回は、もう一つの灯火採集方法、「ライトトラップ採集」につ...続きを読む

前回、「クワガタ、カブトムシの採集方法」についての記事で、灯火採集:外灯巡り採集のご紹介をしました。

今回は、もう一つの灯火採集方法、ライトトラップ採集についてご紹介して見たいと思います。

 

「ライトトラップ採集」とは、

水銀灯や発電機、白幕などを自ら用意し、クワガタやカブトムシが飛んで来そうな然るべき場所に設置して、光に向かって飛んでくるのをじっとにひたすら待つ方法です。

 

※ここからご紹介するやり方はあくまでShiho個人のやり方であって、絶対的なやり方ではございません。規模も小規模のものですので、ご参考程度に見て頂ければ幸いです※

 

 

【ライトトラップ採集】

 

まずは道具の準備。

私がライトラップで用意するものは、

 

【用意するもの】

・水銀灯や白色蛍光灯、などの光源

・白色のシーツや幕

・大型投光器を利用する際、必要ならば発電機

 

ライトトラップ:設置方法の例

こんな感じのものです。

 

そして、道具も揃え、いよいよライトトラップを実際に行う際ですが、道具を揃えたからと言って、いつでも良い結果が出るとは限りません。

場所や天候、ライト設置場所など、あらゆるものに大きく左右されます。

 

【天候&気候条件など】

・雨、強風時はNG!

・月光が明るい日もあまり好ましくありません。

・気温は可能ならば25℃以上が望ましい。

・湿度は高めの日が適しています。

月明かりは出来るだけ無い方が良い

 

 

【ライトトラップを行う場所&やり方】

 

・設置場所の周りが開けていて、遠くの山肌にライトを当てる様な感じで照射します。

 

このような感じで山肌にライトを当てるようにします。

※この時はライトを上向きにしましたので、白いシーツはライト前方下の方に敷くようにして置いています。

 

山の中、木々が生い茂るような密集地帯ではライトが遮られてしまい、遠くまで照射されないので、お勧め出来ません。

折角虫が飛んできたとしても、途中でその木々に着木してしまう可能性が高いからです。

ライトの周りは遠くからも光を目がけて飛んでこれるように開けた場所が好ましいです。

 

 

上手く条件が噛み合えば、わずか1時間程度でこれだけの虫達が集まってくる場合もあります。

 

 

ライトトラップ用のシーツに着地したカブトムシの♀

 

 

トラップ設置場所より少し離れた場所に飛んできたミヤマクワガタの♀

 

 

勿論、集まってくるのはクワガタやカブトムシばかりではありません。

大型の蛾

 

 

カミキリムシ

 

上記のように様々な虫達も集まってきます。

どんな虫達が集まってくるかというのも非常に楽しみな採集方法です。

もしご機会が御座いましたら、チャレンジしてみるのも面白いかと思います。

 

※この採集方法はあくまで私自身のやり方です。人によって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※ 灯火採集は夜間暗い時間に行うこととなります。その時間帯は一般の方たちは仕事から帰宅され、ごゆっくりされているか、お休みになっている場合も多いです。灯火採集を行う際は、必ず近隣の方達に迷惑をかけないように行う事が大事です。立ち入り禁止の場所や、ご自分の車のアイドリング音等にも気を付けて、マナーを守って採集を行いましょう※

使用したアイテム

2020年8月17日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

先週、クワガタ、カブトムシの採集方法の一...続きを読む

先週、クワガタ、カブトムシの採集方法の一つとして「樹液採集」をご紹介しました いわゆる木の樹液に集まっているクワガタ、カブトムシを直接木を見たり、蹴ったりして採...続きを読む

先週、クワガタ、カブトムシの採集方法の一つとして「樹液採集」をご紹介しました

いわゆる木の樹液に集まっているクワガタ、カブトムシを直接木を見たり、蹴ったりして採集する方法です。

しかしクワガタ、カブトムシの採集は「樹液採集」だけとは限りません。

 

今回はその中でも初心者の方でも手軽に行い易い「灯火採集」のやり方、コツなどをご紹介してみたいと思います。

※何度かブログ上でも書いているので、既にご存知だとは思いますが、私が採集活動をしている地域は九州です。

日本全国の地域や場所によって採れる虫の種類や傾向、大きさなどは大きく違ってくることもありますのでご了承の上ご覧頂けますと幸いです。よろしくお願い申し上げます※

 

まず灯火採集」とは何か?

簡単に説明すると、

クワガタやカブトムシを暗い時に灯りに集まってくる習性を利用して、捕まえる(見つける)方法

このような採集方法を

「灯火採集」

と呼びます。

また灯火採集には2種類の方法あると考えます。

 

①:外灯巡り採集

やり方:常時設置されている水銀灯や自動販売機などの灯り下や、その周辺を見て、集まって来ているクワガタやカブトムシを採る方法

 

水銀灯周辺

 

 

自動販売機周辺

 

 

ライトトラップ採集

やり方:水銀灯や発電機、白幕などを自ら用意し、クワガタやカブトムシが飛んで来そうな然るべき場所に設置して飛んでくるのをじっとにひたすら待つ方法です。

 

ライトトラップ:設置方法の例

 

 

山に向かって灯火機のライトを当てる

 

今回はだれでも手軽に行えるの灯火採集:「外灯巡り採集」のコツをご紹介したいと思います。

まず灯火採集をするに辺り、効率よくクワガタ、カブトムシ達に出逢えるには、いくつかの条件があると考えます。

 

【外灯巡り採集を行う場所】

 

まずは灯火採集をする場所、灯火を見て回る場所です。

灯りがあれば、どこでも良いというものではありません。

街中や住宅街などではいくら灯りがあってもクワガタ、カブトムシ達が飛んでくる可能性は低いと考えます。

見て回る場所としては、近くにクワガタやカブトムシがいそうな雑木林や山などに近い灯火を狙って探してみると良いと考えます。

周りが山などで真っ黒闇の中に、一つだけポツンと灯りがあるロケーション等は最高の灯火スポットと呼べるでしょう。

あえて例を挙げるとすると、

 

★山間部にあるコンビニの灯り
★山間にかかる橋の外灯
★山間部の途中にある自動販売機の灯り
★山間部にある「高速自動車道のパーキングエリア」や「道の駅」の外灯

 

こういう所を探してみると、クワガタ、カブトムシを見つける可能性は高まってくると思います。

※コンビニやパーキングエリア等は他の方も日夜を問わず利用しますので、迷惑行為にならないようにマナーを守り、気を付けて採集させて頂きましょう※

月夜野きのこ園の近隣の風景

弊社月夜野きのこ園も裏手が山に囲まれております。

時折ですが、会社の灯りにコクワガタ等が飛来することもあります。

ここに強烈な水銀灯でもあれば、有効なポイントの一つと言えるでしょう。

 

【灯火のライトの色合い】

 

次に灯火採集で大事なのは見る光の種類(色)を間違えないということです。

勿論例外もありますが、基本的に虫が多く集まってくる光は白っぽい色合いをしている場合が多いです。

いわゆる白色水銀灯や自動販売機などの白っぽい自然光に近い色合いです。

素晴らしく白く光り輝く水銀灯!

このように白く光る外灯がベスト!

最近の外灯はオレンジ色っぽい外灯をよく見かけます。この色合いの外灯では多くの虫が集まってくる期待は少なくなると考えます。

 

こちらはオレンジ色の外灯。

全く集まらないという事はないが、白い水銀灯と比べるとその差は歴然。

 

【灯火採集を行う時間帯】

 

次は灯火を見る時間帯。

これは人によって様々だと思いますが、私の感覚では、日没後~夜22時位までが一番飛んでくるような感じがします。

勿論、それ以降でも飛んでこないわけではありませんが、午前等になると飛んでくる数がかなり減少してしまうよう気がします。

なので、日没後~22時頃までの時間帯にチェックすると良いかと思います。

 

 

【その他の条件】

 

また風や雨の日、それに月明かりが強い日は虫はあまり飛ばないと言われます。

月明かりは出来るだけ無い方が良い

絶対ダメとは言い切れませんが、可能ならばそんな日は避けた方が無難かもしれません。

 

【灯火採集を行う際の気温】

 

最後は気温です。
気温が低いとクワガタ、カブトムシは活動が鈍くなります。
理想は25℃以上あると良い傾向です。

気温:29℃ これ位あれば最高!

更に言うと灯火採集を行う直前に雨などが降って、蒸すように湿度が高いとなお良い状況だと言えます。

 

最後にまとめてみると、

 

効率の良い灯火採集の条件とは、

 

① 近くに広葉樹系の山、可能ならばクワガタ、カブトムシ等が採れる場所が近くにある。

② 白っぽいライト(水銀灯等)を見る

③ 見回る時間帯は夕暮れ時~22時頃

④ 月明りはあまり無い方が良い

⑤ 雨や風は無い(弱い)日が良い

気温は25℃以上あった方が良い
 湿度も高い蒸した日などは最高!

 

このような感じでしょうか。

全ての条件がピッタリ当てはまる日というのはなかなかないかもしれませんが、上記の件に少しでも近づけて採集が出来れば念願のクワガタ、カブトムシ達に出逢える確率は高くなると思います。

 

外灯巡り採集で採れたクワガタ達(2016年:宮崎県採集)

 

さぁ皆さんも頑張って灯火採集にチャレンジしてみましょう。^^

 

 

※この採集方法はあくまで私自身のやり方です。人によって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※ 灯火採集は夜間暗い時間に行うこととなります。その時間帯は一般の方たちは仕事から帰宅され、ごゆっくりされているか、お休みになっている場合も多いです。灯火採集を行う際は、必ず近隣の方達に迷惑をかけないように行う事が大事です。立ち入り禁止の場所や、ご自分の車のアイドリング音等にも気を付けて、マナーを守って採集を行いましょう※

使用したアイテム

2020年8月13日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

先週の8/5の採集のお話。 この日のター...続きを読む

先週の8/5の採集のお話。 この日のターゲットは国産カブトムシ! 国産カブトムシは、昼間よりも夜に活動をします。 というわけで、今シーズン初めての夜間採集でカブ...続きを読む

先週の8/5の採集のお話。

この日のターゲットは国産カブトムシ!

国産カブトムシは、昼間よりも夜に活動をします。

というわけで、今シーズン初めての夜間採集でカブトムシを探して行って来ました。

 

【8/5の採集】

出発は午後7時半位。

日没後からカブトムシは活発に活動を開始します!

 

久しぶりのカブトムシポイントに車を走らせ、

 

最初に出迎えてくれた光景がこちら、

 

おおお~、やはり出て来ていました!!

クヌギの木に集った、

カブトムシ♂2、♀1。

そしてノコギリクワガタ♂1の姿を発見しました!

 

この光景、いつ見ても良いものですね~(#^^#)

 

 

こちらのハルニレの木には、

ノコギリクワガタ♂♀の姿を発見!

 

すみません💦
この日は採集は採集の方に夢中になり、撮影の方をサボってしまいあまり画像がございません。。 m(__)m

 

結果としては、

カブトムシ♂だけ一旦捕獲してみても結構な数が集まりました。

 

その中でも、

 

一番大きかったカブトムシ♂がこちら、

 

カブトムシ♂73.3㎜

 

私が今シーズン採集したカブトムシの中では今現時点では最大サイズです。

綺麗な赤色系カブトでしたが、サイズはおもったよりも伸びませんでした (>_<)

 

私がいつも通うポイントは、どうしてもミヤマ中心で考えている為、ある程度標高があります。

そこではあまりカブトムシの数は少なく、サイズもあまり伸びてくれません。

なので今回はほぼ平地に近いカブトポイントを狙ったのですが、それでも残念ながら♂70㎜前半という結果に終わりました。

私の知り合いには、すでに♂83㎜のカブトを採集したツワモノ採集者様もいますので、まだまだ少しでもサイズアップ出来る個体を見つけれるように頑張ってみたいと思います (^^)

 

※採集方法はあくまで私自身のやり方です。
人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

使用したアイテム

2020年8月11日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

皆さんの大好きなクワガタ、カブトムシ 外...続きを読む

皆さんの大好きなクワガタ、カブトムシ 外国産種のように派手さや巨大さといった極端な特徴には及ばないかもしれませんが、勿論日本にも生息しております。 夏になると、...続きを読む

皆さんの大好きなクワガタ、カブトムシ

外国産種のように派手さや巨大さといった極端な特徴には及ばないかもしれませんが、勿論日本にも生息しております。

夏になると、子供たちを含め、大人たちまでもが熱中してしまう昆虫採集。

ではどうやってクワガタ、カブトムシを捕まえること、採集することが出来るのか?

 

この時期なると、「クワガタってどんなところにいるんですか?」、「どうやって捕まえるんですか?」「捕まえるコツを教えてください」との問い合わせが沢山来るようになります。

 

あくまで私:Shiho流ではございますが、今年よりクワガタ、カブトムシ採集デビューをしてみたい方達のご参考になればと考え、この日記上でご紹介してみたいと思います。

※ この記事内容は過去日記でもご紹介しております(一部訂正&加筆あり)内容が重複しますことをご了承下さいませ。

 

 

では、クワガタ、カブトムシを採集するにはどのような方法があるのか?

あくまで私が考える採集方法ですが、全ての方法ではございませんが、主に以下の様な方法があります。

 

・樹液採集

・灯火採集(外灯巡り採集)

・灯火採集:(ライトトラップ採集)

・トラップ採集:フルーツトラップ採集

 

※名称についてはあくまでShihoがそう呼んでいるだけで、正式にそう呼ばれている訳では御座いません。ご了承下さいますようお願い申し上げます※

 

今回は「樹液採集」についてご紹介してみたいと思います。

 

 

「樹液採集」

 

ヤナギの木に集まる昆虫達

 

 

樹皮裏に潜むヒラタクワガタの♂♀ペア

 

 

クヌギの樹液を舐めるカブトムシ♂

 

 

クヌギ、ハルニレ、コナラ、ヤナギの木等々。

夏になると、こういった木からは傷付いた箇所から、甘酸っぱい臭いのする樹液が流れ出すものがあり、その樹液を目当てにクワガタ、カブトムシが集まってきます。

その木が出す樹液に集まってくる虫達を見つけ、直接捕まえる方法を「樹液採集」と呼んでいます。

 

 

その樹液採集のやり方は様々です。

 

手で届く範囲にいれば、直接手で採っても良し、

 

 

手が届かなければ網を使用して採っても良し、

 

 

網でも届かなければ、木を蹴って落としても良し。

 

 

こういう風に木のウロ(穴)の中に入っていて手では採れない時は、

 

こういう道具(通称:掻き出し棒)を使用して、取り出しても良し。

 

 

掻き出し棒を利用して採集されるヒラタクワガタ

 

上手く採集することが出来れば、

 

こんなに沢山のクワガタ、カブトムシ達も採れちゃいます。

 

 

樹液採集を成功させる上で、私:Shihoが大事と考えるのは、

 

★天気★

理由:雨の日等は虫の数も少なく、また雨の中で木を蹴っても虫が落ちて来たのか、雨なのか分かりにくいです。曇り~晴れの日を選ぶと良いでしょう。

 

★気温★

理由:気温が低いと虫の活動が活発化しません。勿論低い気温で活動する高山系の虫(ヒメオオやアカアシ等)も存在しますが、平地性の強いノコギリやヒラタ、コクワ、カブトムシを狙いたい時は最低でも20℃以上は欲しいところ。25℃以上あればかなり良いでしょう。

 

★風★

理由:採集時にあまりにも風が強いと、木が大きく揺れてしまい、それに付いているクワガタ達はしっかりと木にしがみついてしまいます。そうなると、人が蹴った位では全く落ちて来なくなりますので、強風の時の採集は難しくなる可能性が高いです。

 

★木の種類★

理由:クワガタ、カブトムシはどんな木の樹液にでも集まるわけでありません。代表的なのは、クヌギ、ハルニレ、コナラ、ヤナギ等の広葉樹系の木。木の種類をしっかりと認識することはとても大事と考えます。

 

★狙う虫の特性を知る★

理由:例えばミヤマクワガタが欲しい時、あまり標高が低い平地ではミヤマクワガタを見つけることは難しいです。ミヤマクワガタの場合、山間部の少し標高が高い場所を狙うなど、その虫が生息している場所の特徴をしっかりと把握しておくことで、狙い通りの虫をつかまえれる可能性が高くなるでしょう。

 

 

如何でしたでしょうか?

上記が私、Shihoが樹液採集時に気を付けているポイントです。

皆さんも是非樹液採集にチャレンジして、念願のクワカブを沢山GETしてみませんか?

 

※この採集方法はあくまで私自身のやり方です。人によって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

 

※ 採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

使用したアイテム

2020年8月6日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

8月に入りましたね。 今年は梅雨明けが遅...続きを読む

8月に入りましたね。 今年は梅雨明けが遅かったせいもあって、夏の期間が短いようにも思えます。 ここ宮崎では例年より約2週間も遅い梅雨明けだったようです。 今回は...続きを読む

8月に入りましたね。

今年は梅雨明けが遅かったせいもあって、夏の期間が短いようにも思えます。

ここ宮崎では例年より約2週間も遅い梅雨明けだったようです。

今回は7/23の採集のお話になります。

投稿に時間差が出来てしまい大変申し訳ございません💦、恐縮ですがご了承頂ければ幸いです<(_ _)>

 

 

【7/23の採集】

 

連休初日、宮崎は午後から天気が崩れるというものの、朝の内は曇り時々晴れの予報だったので、早朝より採集へ。

 

ハルニレ、コナラ、クヌギの群生地に到着。

 

かなりの本数があります。

 

これらの木を叩いて回ると、

 

さすがに発生もピークなのか、面白いように落ちてきます。

 

その中で目立った個体はといえば、

 


ノコギリクワガタ♂70.4㎜

 

 


ミヤマクワガタ♂72.6㎜

 

この2個体でした。

 

ミヤマの♂72.6㎜は見事なまでの美個体!!

まさに黄金の毛並みでした (#^^#)

 

 

そして少し場所を移動して、

 

ウロのある大きなハルニレの木を見てみると、

 


 Σ(゚Д゚)///

 

な、なんと、ウロの隙間に大きな影!!!

こっつ、これはデカいっつ!!

 

このウロは深く奥に入り込まれそうだったので、慌ながらも掻き出し棒を用意!!

 

下の奥深くに逃げ込まれないように掻き出し棒で退路を遮断!!

 

取り出してみると、

 

おおお、来ましたっつ!!

間違いなく今季最大のヒラタっ!!

 

これは♂70㎜あるだろうと確信!!!

 

計測撮影してみると、

 

ヒラタクワガタ♂70.8㎜

 

やりました!!!(≧◇≦)/

内歯がかなり摩耗しており、身体も小傷はありますが、それでも綺麗な個体です。

 

2年ぶりのヒラタクワガタ♂70㎜UPです!

メッチャ嬉しいです(≧◇≦)//

 

勿論ノコやミヤマの♂70㎜UPも嬉しいのは間違いないのですが、ですがヒラタの♂70㎜UPは格別のものがあります。

 

ということは、

この日はノコ、ミヤマ、ヒラタと3種全て70㎜UPを見つけることが出来たということになります。

 

つまり、一日での採集による、

 

トリプルSEVEN(70㎜UP)達成!!

 

いやぁ、素直に嬉しかったです。

これがあるから採集は止められません。

 

この日の時点(7/23)では7月も既に月末。

今度は下り坂になってくると思われますが、まだまだ頑張って採集を楽しみたいと思います。

宮崎の山の神様、嬉しい出逢いをありがとうございました<(_ _)>

 

※採集方法はあくまで私自身のやり方です。
人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

使用したアイテム

2020年8月3日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

7/21の採集のお話。   【...続きを読む

7/21の採集のお話。   【7/21の採集】   この日は、新たに新ポイントの開拓を行いました。   山間部を車で流し、林道を見...続きを読む

7/21の採集のお話。

 

【7/21の採集】

 

この日は、新たに新ポイントの開拓を行いました。

 

山間部を車で流し、林道を見て入っていくいつものパターン。

 

何度も繰り返し、

 

その内ひとつの林道に入っていくと、

 

コナラの群生地を見つけました。

 

月夜野きのこ園がある群馬県では、コナラはクワガタ採集のメイン木です。

しかし宮崎ではハルニレ、クヌギのツートップが強力過ぎて、あまりコナラでの採集に馴染みがありません。。

 

とは言え、採れる木には間違いはありません。

 

とりあえず、ダメもとで叩いてみましたが・・・

 

なかなか何も落ちて来ません。

 

一時間ほど繰り返し、これはもうダメかな・・・と思った時、

 

パサッっ

と軽い落下音を立てて何か落ちてきました。

 

おっつ、クワガタだ!!

落下したものを良く見ると・・・

 

んっ?お腹が赤い・・えっつ!?

 

と思いながら、拾い上げてみると、

 

なんとアカアシクワガタの♂!!

 

初ポイントでの初採集はどんなクワガタでも嬉しいものですが、しかもそれがアカアシとは!!

あくまで私が通うポイントの話になりますが、こちらではアカアシクワガタはなかなかお目にかかれない種の一つです。

今シーズン初採集なのは勿論ですが、何よりこのコナラポイントでアカアシが採れたのが驚きでした。

 

一頭いるならばもっといるはず・・・

 

と思い、もう少しコナラを叩きまくったのですが、残念ながらアカアシはこの一頭のみ。。

これ以上は無理と判断し、そのポイントを後にしましたが嬉しい収穫でした(#^^#)

 

アカアシが採れたコナラポイントから戻る際、

 

イヌビワの実を見つけました。

既に黒くなるほど熟しており、中には表皮が破裂して裂け、甘い汁がしたたり落ちているものもありました。

 

こういう場所には何かしら昆虫が集まるんだよな~・・・

 

と思い、何気に見てみると、

 

 


狙い的中!!

カブトムシ♂が実を食していました。

 

そして、その近くにあったハルニレの木では、

 

なんとアカマダラハナムグリを見つけました!

こちらの昆虫もなかなかのレア種の一つ。

私も数年ぶりに見かけることが出来ました。

 

そして、そのハルニレからは、

 


大型のノコギリクワガタ♂も落ちてきました!

 

計測撮影をしてみると、


ノコギリクワガタ♂72.0㎜

 

紛れもない特大個体!!

ここの所、採集に行くとほぼ毎回一頭くらいは特大個体を目にすることが出来ています。

今回も嬉しい出逢いでした(*^▽^*)/

 

この日はこんな感じで採集を終了。

新ポイント開拓の日でしたが、アカアシクワガタやアカマダラハナムグリなどなかなかレアな種に出逢えたのが嬉しかったですね^^

また次回を楽しみにしたいと思います(#^^#)

 

※採集方法はあくまで私自身のやり方です。
人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

使用したアイテム

2020年7月30日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

今回は少し前ですが、7/18の採集の様子...続きを読む

今回は少し前ですが、7/18の採集の様子をご紹介させて頂きたいと思います。   【7/18の採集】 今年はなかなか梅雨が明けず、この週も雨ばかりで採集...続きを読む

今回は少し前ですが、7/18の採集の様子をご紹介させて頂きたいと思います。

 

【7/18の採集】

今年はなかなか梅雨が明けず、この週も雨ばかりで採集にもなかなか行けれずじまいでした。

ところが、この日は朝から雨も降らず、天気も曇りということもあって採集に出かけました。

 

今日は新ポイントを開拓してみることにしました。

 

前に少し気になっていた林道があり、そこに思い切って入ってみました。

 

最初は杉林ばかりだったので、「ああ、ハズレかな・・」と思っていたのですが、数キロほど車で流していると、広葉樹系の木が見え始めました。

 

そこはハルニレとクヌギの群生地で、宮崎では最有力のクワガタ木でもあるハルニレが沢山ありました。

 

車を降りて、木をチェックしてみると、

 

スズメバチの姿も多数見かけたので、樹液の出も確認しました。

 

後は片っ端から木をチェックし、蹴っていくと、

 

ミヤマクワガタが面白いように落ちてきました!

しかもほとんどが、ミヤマ。

サイズ的にも60㎜後半も多く、なかなかの良型ぞろいでした。

 

その中で一番大きかったのが、

 

こちらの個体!

 

 


ミヤマクワガタ♂74.0㎜

 

計測サイズは♂74.0㎜という特大サイズでした!

 

初めて見つけたポイントらしく、ほぼ手付かずの状態。

特大個体も生息することも確認出来たし、今後も楽しみなポイントで期待が持てます!^^

 

そして、場所を移動していつもの定番ポイントへ。。

 

そこでは、

 


このハルニレのウロから、

 

綺麗な大型のコクワガタ♂が入っていました!

 


コクワガタ♂50.3㎜

サイズを計測すると、♂50.3㎜

今シーズン2頭目のコクワガタの♂50㎜UP個体です。

 

その他には、

 

カブトムシ♂56.0㎜

小さい・・・苦笑💦

 


ノコギリクワガタ♂70.6㎜

こちらは立派な特大!(#^^#)

 

他にも、ヒラタネブトなど沢山見つけることが出来ました。

 

このような感じでこの日は採集を楽しみました。

新しいミヤマポイントも見つけれましたし、特大個体も何頭か見つけれましたので大満足の一日でした(#^^#)

 

※採集方法はあくまで私自身のやり方です。
人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

使用したアイテム

2020年7月27日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

今回は、7/12の採集の様子をご紹介いた...続きを読む

今回は、7/12の採集の様子をご紹介いたします。   【7/12の採集】   結果から先にご紹介すると、この日はネブトクワガタを沢山見つける...続きを読む

今回は、7/12の採集の様子をご紹介いたします。

 

【7/12の採集】

 

結果から先にご紹介すると、この日はネブトクワガタ山見つけることが出来ました。

 

全て大歯型のネブトクワガタ♂個体達
サイズは♂25~28㎜

 

ネブトクワガタは、ここ宮崎では局所的に生息しており、いる所には沢山見つけることが出来ます。

宮崎では、ハルニレの樹液だまりや樹液のある小さなじゅくじゅくしたウロ、樹皮裏などに潜んでいます。

 

これはハルニレの樹液だまりに小さなウロ。

ちょうどこんな感じのような場所です。

 

ネブトクワガタを小さなウロから取り出すときは、いつものサイズの掻き出し棒だと大きすぎる場合があります。

 

なので、

私の場合は、上画像の左のような細い針金を主に使用しております。

※右側は通常使用する掻き出し棒です※

 

この時も、

 

樹液のある樹皮裏にネブトクワガタの姿を発見!

 

取り出してみると、

 


ネブトクワガタ♂28㎜

なかなか大型の格好いい大歯型のネブトクワガタ♂でした。

 

 

こちらのハルニレのまん丸い小さなウロからは、

 

 


ネブトクワガタ♂27㎜

 


ネブトクワガタ♀(サイズ未測定)

 

が入っていました。

♂はアゴの先端が欠けているものの、内歯の幅も暑く格好の良い個体でした^^

 

 

ネブトクワガタは小さい種類ですが、そのフォルムはとても素晴らしく、これがオオクワクラスの大型種ならばかなりの人気が出ただろうなぁと思ってしまう程格好良いです。

 

是非皆さんも機会があれば、ネブトクワガタの採集にチャレンジしてみては如何でしょうか?(#^^#)

 

※採集方法はあくまで私自身のやり方です。
人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

使用したアイテム

2020年7月23日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

前回の日記の続き・・。 7/5のkara...続きを読む

前回の日記の続き・・。 7/5のkara氏とF氏との採集2日目のお話。   【7/5の採集:二日目】 この日は、前日の快晴採集とは打って変わって、猛烈...続きを読む

前回の日記の続き・・。

7/5のkara氏とF氏との採集2日目のお話。

 

【7/5の採集:二日目】

この日は、前日の快晴採集とは打って変わって、猛烈な豪雨に見舞われました。

とはいえ、kara氏達にとっては、折角宮崎まで来ている採集チャンスなので、雨ですが採集を決行することにしました。

 

現地に到着すると、

やはり、予想通り、いや予想以上の大雨状態。。。

 

なかなか車から出れそうで出れません。。。

 

そんな中でも、kara氏は雨の中採集を決行!

 

途中、ヤマビルに何度も襲撃されながらも、

 


今回の目標の一つであったネブトクワガタを見つけました。

 

そして、

 

雨の中、この大きなハルニレの木を蹴ってみると、

 

来ましたっつ!!!

見た瞬間に分かる特大ミヤマです!!

 

やったぁ~!!!!!

 

落ちて来た瞬間、歓喜に包まれました!!

 

帰宅後の計測で、


ミヤマクワガタ♂73.6㎜

 

ミヤマクワガタ♂73.6㎜を指しました!

 

いやぁ~、良かった^^

この大雨の中、最後の最後で念願の特大ミヤマクワガタに出逢えることが出来ました。

 

こんな感じで、kara氏達との二日間に渡る宮崎採集を楽しませてもらいました。

振り返ると、一日目は奇跡の天候復活で、頭数も見れて幸先が良かったのですが、二日目は大雨に見舞われる状態。

 

しかしその中でも奇跡的に最後に特大個体が待っていました。

さすがに今回は無理かなぁ・・・

と思っていたところにこの結末。

 

kara氏達持ってましたね、採集運!!

 

kara氏、F氏良かったですね、おめでとうございます!

宮崎採集、お疲れ様でした!(*^▽^*)//

 

※採集方法はあくまで私自身のやり方です。
人それぞれによって採集方法や採集条件などは異なると思います。あくまで参考として見ていただければ幸いです。

採集はマナーが大事です。採集する場所が私有地の場合は、無断では入らないようにしましょう。必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。あと、虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。

また外国産や離島産等のその土地にいないクワガタカブトムシの放虫は厳禁です!

もともとその土地に根付いて生息している昆虫達の生態系を壊す原因になりかねませんので、意図的な放虫は止めるよう心がけましょう。

使用したアイテム

2020年7月20日

カテゴリー

使用したアイテム

関連タグ

コメント[0]

ブックマーク・共有

月夜野きのこ園
〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170/0278-20-2060
TSUKIYONO KINOKOEN All Rights Reserved.