種類別クワガタ飼育マニュアル
ギラファノコギリクワガタ
ギラファノコギリクワガタ
ギラファノコギリクワガタ
ギラファノコギリクワガタ
Prosopocoilus giraffa

広くインドからタイにかけて生息する世界最長のクワガタで大きいものでは110mm台後半に達します。 幼虫の飼育には発酵マット、菌糸ビンのどちらでも使えますが、大型を狙うなら菌糸ビンがオススメ。幼虫からさなぎになるときにはかなり大きくなるので1100cc以上の大きめの容器を使うと良いでしょう。理想的な飼育温度は22~24℃くらいです。

ギラファノコギリクワガタの基本情報
寿命
8~10ヶ月
飼育適温
理想は22~24℃
冬眠
しない
飼育メモ
温度管理をして22~24℃前後を保つと良い。
関連記事
ギラファノコギリクワガタの卵の産ませ方
成熟期間
6~12ヶ月
産卵セット
産卵木にも産むが発酵マットのみのセットで十分産卵する。
使用する発酵マットはくわマット、完熟マットがおすすめです。
クワガタ発酵マット産卵 クワガタ発酵マット産卵

くわしく見る

産卵におすすめの発酵マット
クワガタ産卵木セット クワガタ産卵木セット

くわしく見る

産卵木埋め込み用おすすめ発酵マット
産卵の適温
理想は23~25℃
産卵数の目安
20~30個
産卵メモ
産卵木にも産むが発酵マットだけでも十分取れる。
発酵マットのみでセットする場合はケースの底10cmほど固く詰めてその上3~5cmほどふんわりと詰める。理想的な設定温度は23~25℃前後です。
関連記事
ギラファノコギリクワガタの幼虫の育て方
幼虫飼育方法
発酵マット、菌糸ビンのどちらでも飼育できますが、
菌糸ビン飼育のほうが大型の成虫が期待できオススメです。
クワガタ菌糸ビン幼虫飼育 クワガタ菌糸ビン幼虫飼育
くわしく見る
幼虫飼育におすすめの菌糸
クワガタ発酵マット幼虫飼育 クワガタ発酵マット幼虫飼育
くわしく見る
幼虫飼育におすすめの発酵マット
幼虫飼育の適温
理想は22~24℃
幼虫飼育期間
6~8か月
目標羽化サイズ
100mm
幼虫飼育メモ
発酵マット、菌糸どちらでも飼育できます。成虫&幼虫ともに超巨大なので、羽化時の容器の大きさには注意が必要です。菌糸に入れた場合かなり大きくなり成長のスピードが早くなります。
関連記事
月夜野きのこ園
〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170/0278-20-2060
TSUKIYONO KINOKOEN All Rights Reserved.