種類別クワガタ飼育マニュアル
ノコギリクワガタ
ノコギリクワガタ
ノコギリクワガタ
国産ノコギリクワガタ
Prosopocoilus inclinatus

北海道から九州、離島まで日本に広く生息するクワガタで黒っぽいものと赤っぽいものがいる。ギザギザしたノコギリのような大顎を持ち体長は大きいもので70mmに達します。特別に温度の管理をしなくても飼育でき、幼虫飼育、産卵もカンタンなので初めて飼育をする方にもオススメのクワガタです。
ノコギリクワガタは切り株の下などで幼虫→さなぎ→成虫になりそのまま冬を越し、6月頃に野外に出てきます。野外に出てくる頃には成熟して交尾、産卵が可能な状態になっています。産卵時期は6月から9月頃になります。

国産ノコギリクワガタの基本情報
寿命
約10~12ヶ月
成虫が野外で活動をはじめてからは約1~3ヶ月
飼育適温
理想は22~24℃
冬眠
しない
飼育メモ
温度管理をして22~24℃前後を保つと良い。
関連記事
国産ノコギリクワガタの卵の産ませ方
成熟期間
約6ヶ月
産卵セット
産卵木にもマットにも産卵するが、どちらかというとマット産みの傾向が強い。 使用する発酵マットはくわマットと完熟マットがオススメです。
クワガタ発酵マット産卵 クワガタ発酵マット産卵

くわしく見る

産卵におすすめの発酵マット
クワガタ産卵木セット クワガタ産卵木セット

くわしく見る

産卵木埋め込み用おすすめ発酵マット
産卵の適温
理想は25℃前後
産卵数の目安
30~50個
産卵メモ
材にもマットにも産卵するが、どちらかというとマット産みの傾向が強い。
使用するマットはかなり発酵が進んだ黒っぽい微粒子系マット(くわマット、完熟マット)が良い結果が出ています。 産卵木を入れる場合は柔らかめの産卵木を使用すると良い。産卵の理想温度は25℃前後です。
関連記事
国産ノコギリクワガタの幼虫の育て方
幼虫飼育方法
幼虫は発酵マット、菌糸ビンのどちらでも飼育できます。
クワガタ菌糸ビン幼虫飼育 クワガタ菌糸ビン幼虫飼育
くわしく見る
幼虫飼育におすすめの菌糸
クワガタ発酵マット幼虫飼育 クワガタ発酵マット幼虫飼育
くわしく見る
幼虫飼育におすすめの発酵マット
幼虫飼育の適温
理想は22~24℃
幼虫飼育期間
温度管理あり 8~12か月
温度管理なし 1年~1年半
目標羽化サイズ
70mm
幼虫飼育メモ
発酵マット、菌糸のどちらでも飼育できます。
関連記事
月夜野きのこ園
〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170/0278-20-2060
TSUKIYONO KINOKOEN All Rights Reserved.