クワガタ幼虫飼育-菌糸ビン

クワガタ幼虫飼育-菌糸ビン(幼虫のエサ)

クワガタ幼虫飼育菌糸ビン
発酵マット飼育より飼育できるクワガタの種類は少ないですが、クワガタをより大きく育てる事が出来ます。
菌糸ビンとはきのこ屋さんがきのこを栽培する時のきのこの元です。
(きのこ菌を蔓延させたオガ)
【菌糸ビン飼育のできるクワガタ代表種】
・国産オオクワガタ ・アンタエウス
・ニジイロクワガタ ・ギラファノコギリクワガタ
・ヒラタクワガタなど

クワガタ幼虫飼育 菌糸ビンのポイント

温度管理と置き場所
温度管理と置き場所
直射日光の当たらない静かな場所に置き、飼育するクワガタにあった温度(クワガタの多くは20~25℃)で、管理します。
また、飼育する容器の通気を確保し、酸欠や乾燥、菌糸のムレに注意します。ムレた状態でおくと菌糸の劣化が速くなり交換の回数が増えてしまいます。
容器のサイズ
容器のサイズ
オオクワガタの場合、幼虫飼育の1本目やメスなら800cc程度オスの2本目以降の場合1100cc程度が目安になります。ひとつの容器に1頭で飼育します。
エサ交換のタイミング
エサ交換のタイミング
幼虫飼育をはじめてから成虫になるまでに何回かエサ交換を行います。交換のサイクルは3ヶ月が目安です。

クワガタ幼虫飼育-菌糸ビンで使うもの

菌糸ビン

ガラス容器に入ったBasic詰替えシリーズか
プラスチック容器に入ったElementシリーズがあります。
菌糸ブロックを空びんに詰替えてもご使用いただけます。
容器の大きさは幼虫に合わせます。オオクワの場合、
1本目の場合やメスの場合なら800㏄、オスの場合の2本目以降は大きめの1100cc以上がお勧めです。

スプーン
菌糸ビンに幼虫を入れる穴を掘るのに便利です。

クワガタ幼虫飼育-菌糸ビンのセット方法

クワガタ幼虫飼育菌糸ビン
菌糸ビンを使ったクワガタの幼虫飼育方法です。
発酵マットでの幼虫飼育よりも大きくなりやすい方法です。ポイントは、注文して届いた菌糸ビンを箱から出し、飼育する環境で3日程度置いてから使う事です。

菌糸ビンを飼育する環境でならす

菌糸ビンをならす
届いた菌糸ビンを箱から出し、飼育する環境で1~3日ほど置きます。ブロックから詰め替えた場合は、 菌糸が回って表面が白くなってから3日程度おいて使用してください。

割り出してから初めて菌糸ビンへ幼虫を入れる場合には
800cc程度の菌糸ビンがオススメです。

菌糸ビンへ幼虫を入れる

クワガタ幼虫飼育菌糸ビン
フタをあけ幼虫より少し大きめの穴を掘り幼虫を投入します。
きのこが発生していた場合にはきのこを取り除いておきます。
クワガタ幼虫
産卵セットから取り出し発酵マットで保管していた
幼虫をスプーンなどにのせて菌糸ビンへ入れます。
菌糸ビンに幼虫を投入
幼虫を入れたらフタを閉めてセット完了です。
クワガタ幼虫飼育菌糸ビン食痕
幼虫を菌糸ビンに入れて数日たつと、
食痕(しょっこん)と呼ばれる菌糸を食べたあとが見られます。
(中には食痕が現れない物もあります)

管理方法

菌糸ビン
静かな場所でそれぞれのクワガタの種類に合わせた温度
(大体のクワガタは20℃~25℃)の場所で管理します。
温度管理が出来ない場合には夏場はなるべく涼しい場所に置くようにしてください。

エサ交換-菌糸ビンの交換方法

菌糸ビン交換

菌糸ビン飼育の場合幼虫の成長具合や菌糸ビンの状態に合わせて菌糸ビンの交換が必要です。

3ヶ月を目安に交換します。

エサ交換で使うもの

取り出しの道具
■片付けしやすくする道具
 ・「たらい」か「新聞紙」

■ビンを掘る道具
 ・「丈夫なスプーン」か「マイナスドライバー」

クワガタ幼虫の取り出し

幼虫の取り出し
マイナスドライバーなどを使い幼虫を傷つけないように慎重に掘っていきます。
幼虫の取り出し2
幼虫の取り出し3
ビンと菌糸の間にドライバーを入れて少しづつ掘っていきます。
幼虫がびんの側面に見えている場合には
その場所を目指して掘り進めていきます。
幼虫の取り出し4
幼虫の取り出し5
幼虫が出てきました。このまま ビンを傾けてビンの外へだします。
ビンから出てきた幼虫
ビンから出てきた幼虫

新しい菌糸ビンへ入れかえる

クワガタ幼虫菌糸ビン入れ替え
菌糸ビンのフタをあけ幼虫が入る大きさの穴をあけます。
クワガタ幼虫菌糸ビン入れ替え2
あけた穴に頭から入れます。
クワガタ幼虫菌糸ビン入れ替え3
幼虫は自分で潜っていきます。
クワガタ幼虫菌糸ビン入れ替え4
完全に潜ったのを確認してからフタをし完了です。(PPボトルの場合はフタにフィルターが付いているのでそのままフタを閉めます。)

菌糸ビンのサイズ

菌糸ビンのサイズ2
幼虫の大きさに合わせた菌糸ビンを使います。
オオクワガタの場合、1本目の場合やメスの場合なら800㏄、
オスの2本目以降は大きめの1100cc以上がお勧めです。

クワガタ幼虫オスメスの見分け方

クワガタのオスメスの見分け方

 

オスメスの判断はお尻のオレンジ色の斑点の有無で判断します。

無いのがオスであるのがメスです。

 

ただし、オスの場合でもお尻から3節目のあたりにオレンジ色の

斑点(卵巣と呼ばれる事が多い)が見える事がありますので

オスメスの判別を斑点で行う場合は100%ではありません。


幼虫飼育方法を選ぶ ← 菌糸ビン → 蛹化・羽化
クワガタ幼虫飼育菌糸ビンで使用するもの
画像
商品名
説明
価格
画像
E-800菌糸ビン
商品名

E-800菌糸ビン

説明

▼仕様
オガ粉:生クヌギ50%、生コナラ50%
水分量:約50%
添加剤:フスマ4% 麦芽3%
▼サイズ
高さ:138 直径:100 口径:75
容量:約800cc

価格
画像
E-1100菌糸ビン
商品名

E-1100菌糸ビン

説明

▼サイズ 高さ:180 直径:100 口径:75
容量:約1100cc

価格
画像
E-1400菌糸ビン
商品名

E-1400菌糸ビン

説明

▼サイズ 高さ:135 直径:127 口径:110
容量:約1400cc

価格
画像
Basic900
商品名

Basic900菌糸ビン

説明

「Basic(クヌギ)」を約900cc容器に
詰替えた物(硬詰め)
▼サイズ 高さ:145 直径:85 口径:85
容量:約900cc 【ガラス容器使用】

価格
画像
Basic1500菌糸ビン
商品名

Basic1500菌糸ビン

説明

▼サイズ 高さ:167 直径:125 口径:78
容量:1500cc 【ガラス容器使用】

価格
画像
虫スプーン
商品名

虫スプーン

説明

菌糸ビンの入換え時に便利
ステンレス製 長さ30cm

価格
カートの中を見る
幼虫飼育方法を選ぶ ← 菌糸ビン → 蛹化・羽化
月夜野きのこ園
〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170/0278-20-2060
TSUKIYONO KINOKOEN All Rights Reserved.