種類別クワガタ飼育マニュアル
オオヒラタクワガタ
オオヒラタクワガタ
オオヒラタクワガタ
オオヒラタクワガタ
Dorcus titanus

広くインドネシア~ヒマラヤまで生息する大型になるクワガタ。
100mmに迫るボディは魅力十分!ケンカ好きで人気のクワガタです。
温度管理(23~25℃が理想)ができれば飼育自体はカンタンです。
大型の成虫にするコツは幼虫時のエサ(菌糸ビンか発酵マット)を切らさないように早めに交換することです。

オオヒラタクワガタの基本情報
寿命
約1年
飼育適温
理想は23~25℃
冬眠
しない
飼育メモ
夏の高温&冬の寒さに弱いので20~25℃の温度管理が必要です。
関連記事
オオヒラタクワガタの卵の産ませ方
成熟期間
6~12ヶ月
産卵セット
産卵木にも産むが発酵マットのみのセットで十分産卵する。
使用する発酵マットはくわマット、完熟マットがおすすめです。
クワガタ発酵マット産卵 クワガタ発酵マット産卵

くわしく見る

産卵におすすめの発酵マット
クワガタ産卵木セット クワガタ産卵木セット

くわしく見る

産卵木埋め込み用おすすめ発酵マット
産卵の適温
23~25℃
産卵数の目安
20~30個
産卵メモ
産卵木にも産むが発酵マットのみでも十分産卵する。
▼発酵マットのみの産卵セット例
容器の7割程度まで発酵マットを固詰めし、そのうえに1~2cmほど柔らかく発酵マットを敷きエサ(ゼリーなど)を置きセット完了です。転倒防止の為に樹皮などを置くと良いでしょう。理想的な設定温度は23~25℃前後です。
関連記事
オオヒラタクワガタの幼虫の育て方
幼虫飼育方法
発酵マット、菌糸ビンのどちらでも飼育できますが、
菌糸ビン飼育のほうが大型の成虫が期待できオススメです。
クワガタ菌糸ビン幼虫飼育 クワガタ菌糸ビン幼虫飼育
くわしく見る
幼虫飼育におすすめの菌糸
クワガタ発酵マット幼虫飼育 クワガタ発酵マット幼虫飼育
くわしく見る
幼虫飼育におすすめの発酵マット
幼虫飼育の適温
理想は23~25℃
幼虫飼育期間
6~12ヶ月
目標羽化サイズ
95mm
幼虫飼育メモ
幼虫はとっても大きくなる。あっという間にエサがなくなってしまうので、大型を狙いたい場合はエサ切れをおこさないように注意が必要。発酵マットより菌糸ビンで大きくなる傾向がある。
関連記事
月夜野きのこ園
〒379-1305 群馬県利根郡みなかみ町後閑1170/0278-20-2060
TSUKIYONO KINOKOEN All Rights Reserved.